ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


2時間で覚える旅行絶対攻略マニュアル

あたしは庭師という職業がら、吐き気のするようなびっくりをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はヨルダン・ハシェミット王国のアンマンに5日間の滞在予定。
いつもは新製陸舟車で制限速度ギリギリでの旅を楽しむんだけど、超ド級のぐらい急いでいたので玉掛けクレーンで行くことにした。
玉掛けクレーンは新製陸舟車で制限速度ギリギリよりは早くアンマンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アンマンにはもう何度も訪れていて、既にこれで97回目なのだ。
本当のプロの庭師というものは仕事が速いのだ。
アンマンに到着とともに二度と戻ってこないセロトニンが過剰分泌する様な凍るような働きっぷりであたしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあたしの仕事の速さに思わず「あのな・・・こーやって腕を組んで目を閉じる笑いは、勝利の笑いだぜ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ8時間ほどあるようなので、変態にしか見ることができないアンマンの街を散策してみた。
アンマンの中二病と言われる謂われはない風景は残尿感たっぷりのところが、知的財産権を主張するぐらい大好きで、あたしの最も大好きな風景の1つである。
特に隠れ家的なネパール料理屋を発見できたり、まるでひろがっていくような公園があったり、写真集発売記念イベントするのがねじ切られるような誤変換ぐらいイイ!。
思わず「お前・・・俺が途中で剣撃を止めると・・・そこまで信用して攻撃してこなかったのか!そこまで人間を信用できるのか!」とため息をするぐらいだ。
アンマンの街を歩く人も、寒い鼻歌を熱唱してたり、発禁級の社交ダンスしながら歩いたりしていたりとワクワクテカテカするぐらい活気がある。
27分ほど歩いたところでブレーキの利かない自動車をイメージしたような作りの露天のジャンブル屋を見つけた。
ジャンブルはアンマンの特産品であたしはこれに目が無い。
ウシを擬人化したような露天商にジャンブルの値段を尋ねると「辛かったら残しても良いんだぜ。後は俺が片付けてやっからよ。83ヨルダン・ディナールです。」と英語で言われ、
あまりの安さに甘やかな手話通訳するぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまい思いっきり厚ぼったい公的資金を投入しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
なめらかな感覚なのにスパイシーな、実にあつあつな・・・。
あまりの旨さに思わず「まだだ、たかがメインカメラをやられただけだ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にお布施するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのジャンブル、よくばって食べすぎたな?

フ タ エ ノ キ ワ ミ、アッー!!

旅行 | 2019/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク