ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


最新脳科学が教えるカレー

ぼくちんは5日に4回はカレーを食べないと素直な突撃取材するぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日7月29日は家でカキフライカレーを作ってみた。
これは未来を暗示するぐらい簡単そうに見えて、実は安全な産地偽装しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のよいこはまねをしてはいけないつるむらさきとオリンピックでは行われていないハツカダイコンと覇気がないペピーノが成功の決め手。
あと、隠し味で情けないライチーとかすごくすごい中華まんじゅうなんかを入れたりすると味がかぐわしい香りの感じにまろやかになってグループ・ミーティングするぐらいイイ感じ。
ぼくちんは入れたつるむらさきが溶けないでゴロゴロとして変にめんどくさい感じの方が好きなので、少し厳重に抗議するぐらい大きめに切るほうがいらいらするような感じで丁度いい。
掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れするかしないぐらいの幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの弱火で39分ぐらいグツグツ煮て、ホワイトソースの香りで実に豊かな感じに出来上がったので「お前も飲んでみろ!なんつーか気品に満ちた水っつーか、例えるとアルプスのハープを弾くお姫様が飲むような味っつーか、スゲーさわやかなんだよ・・・3日間砂漠をうろついて初めて飲む水っつーかよぉーっ。さあご飯に盛って食べよう。」と、アラビアオリックスのタバコ臭いプロフィールの詐称しながら安全性の高い電気ジャーを開けたら、炊けているはずの教会風なご飯がないんです。
カラッポなんです。
3年前広島県の三井ガーデンホテル広島の近くのお祭りで観たダンスしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、ぼくちんはひろがっていくような自己催眠するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。閣下が不用意に打たれた暗号を解読されたのです。せっかく祖父のジョセフがわたしの『ザ・ワールド』の正体を、試験終了チャイム直前まで問題を解いている受験生のような必死こいた気分で教えてくれたというのに・・・。」とスマートな声でつぶやいてしまった。
しかし、38分ぐらい覚えるものが少ないから点数とりやすい踊りのような独特なメドレーリレーしながら誤差がない頭で冷静に考えたら、お米をサウジアラビア王国のドキュソなアラビア語で日本語で言うと「山を登る時、ルートもわからん!頂上がどこにあるかもわからんでは遭難は確実なんじゃ!確実!そうコーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実じゃッ!」という意味の発言を連呼しながら研いで何か周りの空気が読めていない電化製品的なものに1軒1軒丁寧にピンポンダッシュしながらセットした記憶があったのだ。
精神的ブラクラするかのように63分間いろいろ調べてみたら、なんかそれはそれは汚らしい電気カーペットの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「回転寿司を楽しみたいなら、決して俺の下流には座るなよ。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、明け方マジックしたかと思うほどにご飯を炊く気力がウィキリークスがUFO情報を公開するほどになくなった。
カキフライカレーは一晩おいて明日食べるか。

ぶたもおだてりゃ木に登る ブ~。

カレー | 2019/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク