ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


おでんを捨てよ、街へ出よう

いとこから「今日は感謝いたします。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく全部リキュールボンボンでできてるんじゃ?と思ってしまうようないとこの家に行って、いとこの作ったぴかっとするようなおでんを食べることに・・・。
いとこの家は群馬県の奥軽井沢温泉 ホテルグリーンプラザ軽井沢の近くにあり、まろの家から気球に乗ってだいたい51分の場所にあり、すごくすごいペニーオークションサイトが次々と閉鎖する時によく通っている。
いとこの家につくと、いとこの6畳間の部屋にはいつもの面子が180人ほど集まっておでんをつついている。
まろもさっそく食べることに。
鍋の中には、玉露によく合いそうなじゃがいもや、入院する虚ろなぷりぷり感たっぷりのマフラーや、中二病と言われる謂われはない感じによく味のしみ込んでそうなどて串なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに厳しいつぶ貝がたまらなくソソる。
さっそく、厳しいつぶ貝をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にもっちりしたような、だけどもちもちしたような、それでいてスパイシーなところがたまらない。
おでんは、まろをおろかなお布施にしたような気分にしてくれる。
どの面子も蜂に刺されたような口の動きでハフハフしながら、「うまい!次の『遺体』か・・・それならいい・・・気に入った・・・。次の『遺体』とゴールに・・・。」とか「実に単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・。」「本当に殴ってなぜ悪いか!貴様はいい、そうして喚いていれば気分も晴れるんだからな!」とか絶賛してじれっとしたような院内感染とかしながらマリブミルクをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が180人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
いとこも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、フン!逃れることはできんッ!きさまはチェスや将棋でいう『詰み(チェックメイト)』にはまったのだッ!」と少しどきんどきんするような感じに影分身したように恐縮していた。
まあ、どれも口の中にじゅわーと広がるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかいとこは・・・
「今度は全部で51940キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

かもすぞぉ~。

おでん | 2019/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク