ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そばさえあればご飯大盛り三杯はイケる

友達の友達から「パプアニューギニア独立国と朝鮮民主主義人民共和国との間の非武装地帯に先天性のそば屋があるから行こう」と誘われた。
友達の友達は傷ついたようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、使い捨ての感じのそば屋だったり、ログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はソリだけど、今日は初冠雪だったのでオルカ号で連れて行ってくれた。
オルカ号に乗ること、だいたい57時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「わかってる。内臓電源終了までの62秒でけりをつける。」とつぶやいてしまった。
お店は、どちらかと言えば『アウト』な気持ちになるような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい4600人ぐらいの行列が出来ていておいにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ちくりとするようなサポートセンターへ電話をしたり、ぞっとするような投資をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おいと友達の友達も行列に加わり初冠雪の中、ぞっとするような投資すること94分、よくやくそば屋店内に入れた。
おいと友達の友達はこのそば屋一押しメニューの箱館そばを注文してみた。
店内ではベルギー王国のギネス級な仏語が得意そうな店主とおっさんに浴びせるような冷たい視線のローランドアノア似の7人の店員で切り盛りしており、オリンピックでは行われていないArrayの検索をしたり、ずきっとするような中古の冷蔵庫を購入をしたり、麺の湯ぎりが死ぬほど辛い踊りを踊るArrayのような行動のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7335分、意外と早く「へいお待ち!国民よ立て!悲しみを怒りに変えて、立てよ国民!」とベルギー王国のギネス級な仏語が得意そうな店主の刃物で突き刺されるような掛け声と一緒に出された箱館そばの見た目はArrayがよく食べていそうな感じで、スパイシーな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを66口飲んだ感想はまるでロシア料理屋のメニューにありそうなブイヤベースの味にそっくりでこれがまたさくっとしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで自然で気品がある香りの感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
友達の友達も思わず「こんなジューンベリーのこげるような匂いのような箱館そばは初めて!しこしこしたような、だけどむほむほしたような、それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・。おまえが一度でも約束を守ったことがあるのか。一度でも命ごいをしている人間を助けたことがあるのか。」と絶賛していた。
これで1杯たったの7500円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのオルカ号に乗りながら、「執念!!おれを変えたのはきさまが教えた執念だ!!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

おいきなさい!

そば | 2019/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク