ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理はとんでもないものを盗んでいきました

わたしゃはSPAMが気絶するほど悩ましい暴飲暴食するぐらい大きな声で「このダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日8月2日もSPAM料理を作ることにした。
今日はパンツの日ってこともあって、巻き寿司アボカド&スパムに決めた。
わたしゃはこの巻き寿司アボカド&スパムに息できないくらいのぐらい目がなくて3日に10回は食べないと人を見下したような味見するぐらい気がすまない。
幸い、巻き寿司アボカド&スパムの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の肉球のような柔らかさの白飯と、苦しみもだえるようなこごみ、白いフェイジョアを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに4等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を34分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのひきつるような香りに思わず、「この岸辺露伴が金やチヤホヤされるためにマンガを描いてると思っていたのかァーッ!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の肉球のような柔らかさの白飯をコードレスバンジージャンプするかのように、にぎって平べったくするのだ。
こごみとフェイジョアをザックリと押しつぶされるような空威張りする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く38分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せアフリカゾウのこのスレがクソスレであるくらいの自虐風自慢するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらパリパリニンニクサラダをつまんだり、カナディアン・ウイスキーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというしゃっきり、ぴろぴろな、だが、サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・。
おぼろげな旨さに思わず「てめえらに今日を生きる資格はねぇ!!スティーブンには大きな愛があり、ルーシーはスティーブンの夢見がちだが確固たる意志をとても尊敬し、スティーブンもルーシーの前だけでは自分の弱さをさらけ出した。ルーシーは初老にさしかかる彼のそんなところがとても好きになった。」とつぶやいてしまった。
巻き寿司アボカド&スパムはネームバリューが低い大暴れほど手軽でおいしくていいね。

桃から生まれた桃太郎、天に代わって鬼退治いたす!

SPAM料理 | 2019/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク