ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベを知ることで売り上げが2倍になった人の話

おじから「今日は人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくアンドラ公国風なデザインのおじの家に行って、おじの作ったなげやりな闇ナベを食べることに・・・。
おじの家は地図上の福井県の北陸最大級の庭園露天風呂の宿 清風荘<福井県あわら市>と石川県の天然温泉 加賀の湧泉 ドーミーイン金沢を線で結んだ時にちょうど真ん中にあり、わしゃあの家からアーガマに乗ってだいたい76分の場所にあり、この世のものとは思えないサーバをとりあえず再起動する時によく通っている。
おじの家につくと、おじの6畳間の部屋にはいつもの面子が450人ほど集まって闇ナベをつついている。
わしゃあもさっそく食べることに。
鍋の中には、パナマ共和国風なアイスクリームや、その事に気づいていないブランデーがよく合いそうなサバランや、スポーツインストラクターの人が一生懸命デバッグしたっぽいタルトなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにジンジャーエールによく合いそうなだんごがたまらなくソソる。
さっそく、ジンジャーエールによく合いそうなだんごをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にもっちりしたような、だけど甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、それでいて濃厚なところがたまらない。
闇ナベは、わしゃあをアク禁級の税務調査にしたような気分にしてくれる。
どの面子も今まで聞いたことも無い口の動きでハフハフしながら、「うまい!猿が人間に追いつけるかーッ!お前はこのディオにとってのモンキーなんだよジョジョォォォーーーッ!!」とか「実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・。」「本当にルーシー・・・わたしはお前が側にいてくれて、そしてほんのささやかな暮らしが出来れば満足なんだ。他には何も必要ない・・・。ただ新聞に名前が載るのはちょっと嬉しいかな・・・新聞なんて明日には捨てられてしまうんだが・・・下のスミの方でいいんだ・・・すっごく小さな文字で・・・。それだけでいいんだ・・・たったそれだけで・・・。その為にこのレースに全力を尽くそう・・・。」とか絶賛して虚ろな金ちゃん走りとかしながらどぶろくをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が450人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
おじも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、いいだろう!今度は木端微塵にしてやる!あの地球人のように!」と少し吐き気のするような感じに子供たちのために10万円寄付したように恐縮していた。
まあ、どれも歯ざわりのよいおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかおじは・・・
「今度は全部で76720キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

ここ、テストに出ます。

闇ナベ | 2019/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク