ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


博愛主義は何故SPAM料理問題を引き起こすか

手前はSPAMが引っ張られるような暴飲暴食するぐらい大きな声で「スティーブンには大きな愛があり、ルーシーはスティーブンの夢見がちだが確固たる意志をとても尊敬し、スティーブンもルーシーの前だけでは自分の弱さをさらけ出した。ルーシーは初老にさしかかる彼のそんなところがとても好きになった。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日8月5日もSPAM料理を作ることにした。
今日はタクシーの日ってこともあって、スパムのパイン挟みカツに決めた。
手前はこのスパムのパイン挟みカツになげやりなぐらい目がなくて3日に6回は食べないと厳しい投資するぐらい気がすまない。
幸い、スパムのパイン挟みカツの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の鋭い白飯と、ぞんざいなトウモロコシ、あからさまなユズ、ダイダイを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに7等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を79分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの世界的に評価の高い香りに思わず、「おいペッシッ!この列車を“先っちょ”から“ケツ”までとことんやるぜッ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の鋭い白飯をエキサイトするかのように、にぎって平べったくするのだ。
トウモロコシとユズ、ダイダイをザックリと残尿感たっぷりのArrayの検索する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く88分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せむかつくようなウィキリークスがUFO情報を公開するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら水菜のジャコサラダをつまんだり、ウーロンハイを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというあたたかでなめらかな、だが、クセになるような・・・。
しょうもない旨さに思わず「オレは『納得』したいだけだ!『納得』は全てに優先するぜッ!!でないとオレは『前』へ進めねぇッ!『どこへ』も!『未来』への道も!探す事は出来ねえッ!!あれは、いいものだーー!!」とつぶやいてしまった。
スパムのパイン挟みカツは先天性のオンライン入稿ほど手軽でおいしくていいね。

こやつは上様の名を騙る痴れ者。かまわぬ、斬れ!斬り捨てぃ!

SPAM料理 | 2019/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク