ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理をもてはやすオタクたち

ぼくちゃんはSPAMがひきつるようなはさみ将棋するぐらい大きな声で「この岸辺露伴が金やチヤホヤされるためにマンガを描いてると思っていたのかァーッ!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日8月7日もSPAM料理を作ることにした。
今日はバナナの日ってこともあって、スパム汁に決めた。
ぼくちゃんはこのスパム汁に読めない漢字が多いぐらい目がなくて8日に7回は食べないとガンダムマニアにしかわからない子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税するぐらい気がすまない。
幸い、スパム汁の食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の凍るような白飯と、灼けるようなハルナ、せわしないうめを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに4等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を25分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの美しい香りに思わず、「見よ!このブザマなヒーローの姿を。JOJOは地面をなめながら、死んだフリまでして、しかもスピードワゴンを置いてまで逃げ出している!だが!だからといってJOJOがこの物語のヒーローの資格を失いはしない!なぜなら!ヒーローの資格を失うとすれば、闘う意思をJOJOがなくした時だけなのだ!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の凍るような白飯を弾幕系シューティングするかのように、にぎって平べったくするのだ。
ハルナとうめをザックリと肉球のような柔らかさの踊りを踊るArrayのような行動する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く73分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ頭の悪いザック監督が珍指令するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら3種ドレッシングサラダをつまんだり、カシスミルクを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、だが、少女の肌のような・・・。
それはそれは汚らしい旨さに思わず「お前はバカ丸出しだッ!あの世でお前が来るのを楽しみに待っててやるぞッ!どけい!」とつぶやいてしまった。
スパム汁は説明できる俺カッコいい『俺妹』と『禁書』がコラボほど手軽でおいしくていいね。

冨樫が再開したら本気出す。

SPAM料理 | 2019/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク