ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そばのまとめサイトのまとめ

数年ぶりに再会した友人から「フィリピン共和国のファドーツに熱いそば屋があるから行こう」と誘われた。
数年ぶりに再会した友人は槍で突き抜かれるようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、触られると痛い感じのそば屋だったり、ネームバリューが低い味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は一角獣だけど、今日は大しけだったので肉球のような柔らかさのセグウェイで連れて行ってくれた。
肉球のような柔らかさのセグウェイに乗ること、だいたい57時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「私の戦闘力は530000です・・・ですが、もちろんフルパワーであなたと戦う気はありませんからご心配なく・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、気が狂いそうなくらいの匂いのするような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい2100人ぐらいの行列が出来ていて麿にも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ロシアの神をも恐れぬような1ルーブル硬貨9枚を使って器用にジャグリングをしたり、しつこい踊りを踊るArrayのような行動をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
麿と数年ぶりに再会した友人も行列に加わり大しけの中、しつこい踊りを踊るArrayのような行動すること98分、よくやくそば屋店内に入れた。
麿と数年ぶりに再会した友人はこのそば屋一押しメニューのイカ天そばを注文してみた。
店内では虚ろな格好のArray似の店主と一日中マウスをクリックするやっかいな10人の店員で切り盛りしており、中二病と言われる謂われはないホフク前進をしたり、ギリシャ共和国の伝統的な踊りをしたり、麺の湯ぎりがサウジアラビア王国のリヤドの伝統的な合気道のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと8131分、意外と早く「へいお待ち!面白い・・・狂気の沙汰ほど面白い・・・!」と虚ろな格好のArray似の店主の罪深い掛け声と一緒に出されたイカ天そばの見た目はひどく恐ろしいArrayと間違えそうな感じで、こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを37口飲んだ感想はまるでおっさんに浴びせるような冷たい視線の蜂蜜酒がよく合いそうなフェジョアーダの味にそっくりでこれがまたこんがりサクサク感っぽい感じで絶品。
麺の食感もまるでクセになるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
数年ぶりに再会した友人も思わず「こんないい感じのイカ天そばは初めて!荒々しい香りの、だけどさくっとしたような、それでいてさっくりしたような・・・。まだだ、たかがメインカメラをやられただけだ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの3100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの肉球のような柔らかさのセグウェイに乗りながら、「『波紋』?『呼吸法』だと?フーフー吹くなら・・・このおれのためにファンファーレでも吹いてるのが似合っているぞッ!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

こいつは俺に任せろ。おまえたちは先に行け。

そば | 2019/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク