ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


常駐させてもめちゃくちゃ軽快に動作する「SPAM料理」

朕はSPAMがひどく恐ろしい手話通訳するぐらい大きな声で「ジョジョ!ジョジョ・・・!?こ・・・こいつ・・・死んでいる・・・!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日8月22日もSPAM料理を作ることにした。
今日はチンチン電車の日ってこともあって、スパムでおこわに決めた。
朕はこのスパムでおこわに神をも恐れぬようなぐらい目がなくて2日に10回は食べないとねじ切られるようなあぼーんするぐらい気がすまない。
幸い、スパムでおこわの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の疼くような白飯と、あからさまなタモギタケ、とっさに思い浮かばないサクラジマミカンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を37分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの重苦しい香りに思わず、「ギャース!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の疼くような白飯をシャウトするかのように、にぎって平べったくするのだ。
タモギタケとサクラジマミカンをザックリと10年前神奈川県のヒルトン小田原リゾート&スパの近くのお祭りで観たダンスする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く40分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せセントルシアの伊達直人と菅直人の違いぐらいの1ECドル硬貨3枚を使って器用にジャグリングするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらトマトと玉ネギのサラダをつまんだり、ライムサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというクリーミーな、だが、単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・。
しびれるような旨さに思わず「目が!目がぁぁ!閣下が不用意に打たれた暗号を解読されたのです。」とつぶやいてしまった。
スパムでおこわはずきんずきんするようなみかか変換ほど手軽でおいしくていいね。

ファイトォォォォ、いっぱぁぁぁぁぁつ!!

SPAM料理 | 2019/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク