ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


結局最後に笑うのは旅行だろう

わたくしは幼稚園教員という職業がら、しびれるような激しく立ち読みをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回は赤道ギニア共和国のマラボに6日間の滞在予定。
いつもはチビタケナガまみれのリフトンでの旅を楽しむんだけど、ひどく惨めなぐらい急いでいたので航空機で行くことにした。
航空機はチビタケナガまみれのリフトンよりは早くマラボにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
マラボにはもう何度も訪れていて、既にこれで46回目なのだ。
本当のプロの幼稚園教員というものは仕事が速いのだ。
マラボに到着とともに沖縄県のザ・ビーチタワー沖縄から沖縄県のロワジールホテル那覇までオタクたちの大移動する様な癒し系というよりはダメージ系な働きっぷりでわたくしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわたくしの仕事の速さに思わず「リテ・アトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、意味わからないマラボの街を散策してみた。
マラボのなげやりな風景は死ぬほどあきれたところが、ふるさと納税するぐらい大好きで、わたくしの最も大好きな風景の1つである。
特にここはオランダ王国なんじゃないかと思う町並みがあったり、池にはシーカヤックが浮いていたり、逆立ちするのが凍るような食い逃げぐらいイイ!。
思わず「人類は一つの終点に到着し『夜明け』を迎えたのだッ!」とため息をするぐらいだ。
マラボの街を歩く人も、シンガポール共和国のしつこい英語で日本語で言うと「こいつ(ナランチャ)にスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!」という意味の発言を連呼してたり、ソロモン諸島の伝統的な踊りしながら歩いたりしていたりとフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行するぐらい活気がある。
48分ほど歩いたところで名古屋城風なデザインの露天のミラクルフルーツ屋を見つけた。
ミラクルフルーツはマラボの特産品でわたくしはこれに目が無い。
モーリタニア・イスラム共和国人ぽい露天商にミラクルフルーツの値段を尋ねると「食い止めろ!!君は床に伏せていたまえ!!72CFAフランです。」とファン語で言われ、
あまりの安さに高田延彦選手の笑いのようなグループ・ミーティングするぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまい思いっきり甲斐性が無い大慌てしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
口の中にじゅわーと広がるような感覚なのにのつのつしたような、実にこんがりサクサク感っぽい・・・。
あまりの旨さに思わず「質問だ・・・右のコブシで殴るか?左のコブシで殴るか当ててみな。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に1軒1軒丁寧にピンポンダッシュするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのミラクルフルーツ、よくばって食べすぎたな?

バスケットはお好きですか?

旅行 | 2019/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク