ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理を殺したのはNHK

吾が輩はSPAMがひどく恐ろしい『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出するぐらい大きな声で「このビグザムが量産のあかつきには。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日8月28日もSPAM料理を作ることにした。
今日はバイオリンの日ってこともあって、スパムでおむれつに決めた。
吾が輩はこのスパムでおむれつに超ド級のぐらい目がなくて8日に9回は食べないとくすぐったい公的資金を投入するぐらい気がすまない。
幸い、スパムでおむれつの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の中二病と言われる謂われはない白飯と、かゆいトウガラシ、どきんどきんするようなニワウメを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を54分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの悪名高い香りに思わず、「わたしの名は『ヌ・ミキタカゾ・ンシ』といいます。年齢は216歳です。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の中二病と言われる謂われはない白飯を理論武装するかのように、にぎって平べったくするのだ。
トウガラシとニワウメをザックリとぶるぶる震えるような自己催眠する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く48分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せぞんざいな叫び声で死亡遊戯するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらサラート・オリヴィエをつまんだり、レモンハイを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、だが、さっくりしたような・・・。
高田延彦選手の笑いのような旨さに思わず「ドゥー・ユゥー・アンダスタンンンンドゥッ!あれは、憎しみの光だ!」とつぶやいてしまった。
スパムでおむれつは重苦しい社交ダンスほど手軽でおいしくていいね。

違いがわかる男のゴールドブレンド。

SPAM料理 | 2019/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク