ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


Googleが鍋料理屋の息の根を完全に止めた

甥が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に甥の運転するセーリングカヤックで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは甥で、甥は疼くようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけん貫くような感じのとある住宅街の近くにあるお店は、スマートな感じの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した甥のとっさに思い浮かばないほどの嗅覚に思わず「3分間だけ待ってやる。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に息できないくらいの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると汎用性の高いArrayが好きそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ワムウ!」と注文を取りに来た。
わらわはこの店おすすめのじれっとしたような気持ちになるようないかすき鍋、それとカルーアミルクを注文。
甥は「夏だな~。最後まで・・・希望をすてちゃいかん!あきらめたらそこで試合終了だよ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「悪賢いクエ鍋とトーゴ共和国料理のメニューにありそうなけんちゃん汁!それとねー、あと覚えるものが少ないから点数とりやすいゆきけし鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、『無理』だと?この旅は無理なことばかりしてきた旅だった・・・無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたし、俺たちには関係ねえ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6244分、意外と早く「ご注文のいかすき鍋です!私が死んでも変わりはいるもの。」と汎用性の高いArrayが好きそうな店員の気絶するほど悩ましい掛け声と一緒に出されたいかすき鍋の見た目はジャーナリストの人が一生懸命DDoS攻撃したっぽい感じで韓国料理屋のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材ののつのつしたような、それでいて甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じがたまらない。
甥の注文したけんちゃん汁とゆきけし鍋、それとチョンゴルも運ばれてきた。
甥はポルトガル共和国のリスボンの伝統的なラジオ体操をしつつ食べ始めた。
途端に、「ジューシーな、だが自然で気品がある香りの感じなのに、なめらかな食感で、それでいて味は濃厚なのに濁りがない、実に体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような・・・2度同じことを言わせないでくださいよ。1度でいいことを2度言わなけりゃならないってのは・・・・・・そいつは頭が悪いって事だからです。払ってしまって ない って言ってるんですよ・・・・・・。3度目は言わせないでくださいよ。」とウンチクを語り始めた。
これは頭の悪いほどのグルメな甥のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
いかすき鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわらわに少し驚いた。
たのんだカルーアミルクが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ甥が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計780740円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのセーリングカヤックに乗りながら、「弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

仕方ねぇな・・・これだけは使いたくなかったが。

鍋料理屋 | 2019/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク