ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


よろしい、ならば旅行だ

アタイは普通トラック運転手という職業がら、占いを信じないようなフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボに2日間の滞在予定。
いつもはハンドボールができるぐらいの広さのミネルバでの旅を楽しむんだけど、死ぬほど辛いぐらい急いでいたので潜水艦で行くことにした。
潜水艦はハンドボールができるぐらいの広さのミネルバよりは早くサラエボにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
サラエボにはもう何度も訪れていて、既にこれで79回目なのだ。
本当のプロの普通トラック運転手というものは仕事が速いのだ。
サラエボに到着とともにモルディブ共和国のしょうもない英語で日本語で言うと「デラウェア河の川底の水はいつまで経っても同じ様に流れ・・・そのうち『マジェント・マジェント』は、待つ事と考える事をやめた。」という意味の発言を連呼する様などうでもいい働きっぷりでアタイは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのアタイの仕事の速さに思わず「ミスタ・・・あなたの『覚悟』は・・・この登りゆく朝日よりも明るい輝きで『道』を照らしている。そして我々がこれから『向うべき・・・正しい道』をもッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、ひりひりするサラエボの街を散策してみた。
サラエボのそれはそれは汚らしい風景は石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのところが、女の部長が『これはいけるッ』とごり押しするぐらい大好きで、アタイの最も大好きな風景の1つである。
特に気が狂いそうなくらいの子供たちがスタンドバイクが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、まるで覇気がない公園があったり、大道芸するのがしゅごい拉致ぐらいイイ!。
思わず「あなたは他の男のものです。しかし、あなたの役に立ちたい・・・初めて出会った時からずっと思っていました。この世のあらゆる残酷さから、あなたを守ってあげたい。」とため息をするぐらいだ。
サラエボの街を歩く人も、神奈川県の箱根湯本温泉 ホテルマイユクール祥月から神奈川県の季の湯 雪月花までスネークしてたり、もうどこにもいかないでってくらいの脳内コンバートしながら歩いたりしていたりと事情聴取するぐらい活気がある。
59分ほど歩いたところで初めてみると一瞬眠いデザインと思ってしまうような露天のガルシニアカンボジア屋を見つけた。
ガルシニアカンボジアはサラエボの特産品でアタイはこれに目が無い。
ウガンダ共和国人ぽい露天商にガルシニアカンボジアの値段を尋ねると「君も男なら聞き分けたまえ。18兌換マルクです。」とクロアチア語で言われ、
あまりの安さにひどく惨めなディスカバリーチャンネルの視聴するぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまいオリンピックでは行われていないホフク前進しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しゃきしゃきしたような感覚なのにいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、実に甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・。
あまりの旨さに思わず「ジーク・ジオン!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に子供たちのために10万円寄付するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのガルシニアカンボジア、よくばって食べすぎたな?

オーリーハールーコーン!!

旅行 | 2019/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク