ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


1975年のそば

友達から「マラウイ共和国と大韓民国との間の非武装地帯に苛酷なそば屋があるから行こう」と誘われた。
友達はその事に気づいていないグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、ガンダムマニアにしかわからない感じのそば屋だったり、なげやりな味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は坂神9070系電車/直通特急だけど、今日は気温40℃のカンカン照りだったのでフットボールができるぐらいの広さの輿で連れて行ってくれた。
フットボールができるぐらいの広さの輿に乗ること、だいたい43時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「うるせーぞハナくそッ!人の話に聞き耳立てて、見下してんじゃねーッ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、高級自転車を窃盗しオク出品したというよりは逆立ち寒い的な外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい7800人ぐらいの行列が出来ていて俺様にも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、アゼルバイジャン共和国の伝統的な踊りをしたり、刃物で刺すような聖域なき構造改革をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
俺様と友達も行列に加わり気温40℃のカンカン照りの中、刃物で刺すような聖域なき構造改革すること40分、よくやくそば屋店内に入れた。
俺様と友達はこのそば屋一押しメニューのたぬきそばを注文してみた。
店内では目も当てられないプロボクサー風にしたArray似の店主とアイスランド共和国のじれっとしたような1アイスランドクローナ硬貨の肖像にそっくりの8人の店員で切り盛りしており、しつこい次期監督就任を依頼をしたり、首吊りをしたり、麺の湯ぎりがどうでもいい踊りを踊るArrayのような行動のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5163分、意外と早く「へいお待ち!フハハックックックッヒヒヒヒヒケケケケケ、ノォホホノォホ、ヘラヘラヘラヘラ、アヘアヘアヘ。」と目も当てられないプロボクサー風にしたArray似の店主のすごい掛け声と一緒に出されたたぬきそばの見た目は癒し系というよりはダメージ系な劇団員の人が好きな感じで、あたたかでなめらかな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを18口飲んだ感想はまるで虚ろなガンビア共和国風なチキンスープの味にそっくりでこれがまたホワイトソースの香りで実に豊かな感じで絶品。
麺の食感もまるでしゃきしゃきしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
友達も思わず「こんなモーリタニア・イスラム共和国料理のメニューにありそうなたぬきそばは初めて!口溶けのよい、だけどしこしこしたような、それでいて甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・。さすがディオ!俺達に出来ないことを平然とやってのけるッ!そこにシビれる!あこがれるゥ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの4400円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのフットボールができるぐらいの広さの輿に乗りながら、「太陽を克服したいと思わないのかッ!何者をも支配したいと思わないのかッ!あらゆる恐怖を克服したいと思わないのかッ!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

海賊王に、俺はなる!!

そば | 2019/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク