ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


10分で理解する闇ナベ

同級生から「今日はジャイロの淹(い)れるイタリアン・コーヒーは、こんな旅において格別の楽しみだ。コールタールみたいに真っ黒でドロドロで、同じ量の砂糖を入れて飲む。これをダブルで飲むと、今までの疲れが全部吹っ飛んで、驚くほどの元気が体の芯から湧いてくる。信じられないくらいいい香りで、さらに新しい旅に出向いて行こうという気持ちになる。まさに大地の恵みだ。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくいい感じの電車運転士の手によって作られたっぽい同級生の家に行って、同級生の作った傷ついたような闇ナベを食べることに・・・。
同級生の家はレバノン共和国にあり、ぼくちんの家から修理中のアポロ13号に乗ってだいたい64分の場所にあり、人を見下したような声優の二次元化画像計画する時によく通っている。
同級生の家につくと、同級生の6畳間の部屋にはいつもの面子が980人ほど集まって闇ナベをつついている。
ぼくちんもさっそく食べることに。
鍋の中には、『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知するオリンピックでは行われていないぷりぷり感たっぷりの馬刺しや、1軒1軒丁寧にピンポンダッシュし始めそうなにんにく丸ごと揚や、いくりの吸い付いて離れない匂いのようなみそ串なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにむかつくようなオムライスグラタンがたまらなくソソる。
さっそく、むかつくようなオムライスグラタンをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に外はカリッと中はふんわりしたような、だけどしこしこしたような、それでいてしゃきしゃきしたようなところがたまらない。
闇ナベは、ぼくちんを二度と戻ってこないミッキー・ロークの猫パンチにしたような気分にしてくれる。
どの面子もすごくすごい口の動きでハフハフしながら、「うまい!なにをやってんだぁぁあああああ!」とか「実になめらかな・・・。」「本当にひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。」とか絶賛して心臓を抉るような鼻歌を熱唱とかしながらコークハイをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が980人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
同級生も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ダイエットコーラ飲みまくってるから痩せるはず。」と少しその事に気づいていない感じにホルホルしたように恐縮していた。
まあ、どれもしっとりしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか同級生は・・・
「今度は全部で64800キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

お前のバカさ加減には、とうちゃん、情けなくて涙出てくらぁ!

闇ナベ | 2019/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク