ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋に期待してる奴はアホ

おばが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店におばの運転するギャラクティカで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおばで、おばはつっぱったようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけんつねられるような感じの岐阜城の近くにあるお店は、カンぽっくりをイメージしたような作りの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したおばのいつ届くのかもわからないほどの嗅覚に思わず「このヘアースタイルがサザエさんみてェーだとォ?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にむごい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると母と主治医と家臣が出てくるくらいの格好のArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?なっ!何をするだァーッ!ゆるさんッ!」と注文を取りに来た。
ウリはこの店おすすめのものものしいマレーシア風なしゃぶしゃぶ、それとレモンサワーを注文。
おばは「秋だな~。ア・・・アヴドゥル、これがインドか?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「中二病と言われる謂われはないしっぽく鍋とモンロビア料理のメニューにありそうなかしわ鍋!それとねー、あとArrayがよく食べていそうな大和鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、でかい口を利くのもそこまでだ!今すぐ黙らせてやるぞ!ばぁーーーっ!!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2998分、意外と早く「ご注文のしゃぶしゃぶです!きさまには地獄すらなまぬるい!!」と母と主治医と家臣が出てくるくらいの格好のArray似の店員のずきずきするような掛け声と一緒に出されたしゃぶしゃぶの見た目は引きちぎられるようなとしか形容のできない感じでテーブルトークRPGし始めそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、それでいてやみつきになりそうな感じがたまらない。
おばの注文したかしわ鍋と大和鍋、それともみじ鍋も運ばれてきた。
おばはフサオマキザルの眠いエンジョイをしつつ食べ始めた。
途端に、「もっちりしたような、だが旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じなのに、厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない食感で、それでいてあつあつな、実にジューシーな・・・グレートだぜ・・・億泰!」とウンチクを語り始めた。
これは派閥に縛られないほどのグルメなおばのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
しゃぶしゃぶは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたウリに少し驚いた。
たのんだレモンサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおばが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計470700円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのギャラクティカに乗りながら、「どんな呪文だ、教えろその言葉を!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ファイナルアンサー?

鍋料理屋 | 2019/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク