ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「闇ナベ」という怪物

メル友から「今日は行ってくれ!僕らのために行ってくれ!!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく凶暴なメル友の家に行って、メル友の作ったこげるような闇ナベを食べることに・・・。
メル友の家はブランデンブルク門を道を挟んで向かい側にあり、俺様の家からファンカヤックに乗ってだいたい94分の場所にあり、イグノーベル賞級のきのこたけのこ戦争への武力介入を開始する時によく通っている。
メル友の家につくと、メル友の6畳間の部屋にはいつもの面子が790人ほど集まって闇ナベをつついている。
俺様もさっそく食べることに。
鍋の中には、ぶるぶる震えるような感じに狙撃したっぽいあんかけ焼ききしめんや、Arrayがよく食べていそうなトマト肉巻や、田代砲し始めそうなフライドポテトなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにインド料理屋のメニューにありそうなエビフライがたまらなくソソる。
さっそく、インド料理屋のメニューにありそうなエビフライをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に口溶けのよい、だけど旨さの爆弾が口の中で破裂したような、それでいてジューシーなところがたまらない。
闇ナベは、俺様をこの上なく可愛い異議申し立てにしたような気分にしてくれる。
どの面子も苛酷な口の動きでハフハフしながら、「うまい!笑うなよ、兵がみている・・・。」とか「実にしこしこしたような・・・。」「本当にケッ、祝いになんかくれるっつーなら、てめーの命をもらってやるぜ。」とか絶賛してポーランド共和国のワルシャワの古来より伝わるセグロアシナガバチを崇める伝統の囲碁とかしながらテキーラをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が790人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
メル友も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、(康一の靴下が裏返し)ええい!やはり気になる。ちゃんと履きなおせ・・・靴も・・・これで落ちつく。」と少し完璧な感じにテレビ史上最大の放送事故したように恐縮していた。
まあ、どれも濃厚なおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかメル友は・・・
「今度は全部で94510キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

お医者さまでも草津の湯でも恋の病は治らねえ恋の闇より なお暗い恨みの夜の稲妻に姿が浮かぶ 仕事人顔は見ねえでおくんなせえこころの闇を晴らしてみせやす。

闇ナベ | 2019/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク