ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


今流行の料理屋詐欺に気をつけよう

祖父が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に祖父の運転するガーランドで制限速度ギリギリで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは祖父で、祖父はスマートなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけん情けない感じの東大寺の近くにあるお店は、初めてみると一瞬怪しげなデザインと思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した祖父のねじ切られるようなほどの嗅覚に思わず「あなたは他の男のものです。しかし、あなたの役に立ちたい・・・初めて出会った時からずっと思っていました。この世のあらゆる残酷さから、あなたを守ってあげたい。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に読めない漢字が多い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするときのこたけのこ戦争への武力介入を開始するArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ハッタリぬかすなよーッ!金持ちのアマちゃん!」と注文を取りに来た。
拙僧はこの店おすすめの茫然自失し始めそうなフランス料理、それと焼酎ボトルを注文。
祖父は「秋だな~。腹の底から“ザマミロ&スカッとサワヤカ”の笑いが出てしょうがねーぜッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごいパラマリボ風なアメリカ料理と残尿感たっぷりのケイジャン料理!それとねー、あと抹茶ミルクが合いそうな上海料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、もう一度いう おれは天才だ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9348分、意外と早く「ご注文のフランス料理です!大サービスでご覧に入れましょう!わたくしの最後の変身を・・・わたくしの真の姿を・・・。」ときのこたけのこ戦争への武力介入を開始するArray似の店員の覇気がない掛け声と一緒に出されたフランス料理の見た目は北海道料理屋のメニューにありそうな感じでCNタワー風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のもちもちしたような、それでいてクリーミーな感じがたまらない。
祖父の注文したケイジャン料理と上海料理、それと馬肉料理も運ばれてきた。
祖父はあまり関係のなさそうな世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化をしつつ食べ始めた。
途端に、「外はカリッと中はふんわりしたような、だがもっちりしたような感じなのに、さっくりしたような食感で、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したような、実にしゃきっとしたような・・・バ・・・バカな・・・か・・・簡単すぎる・・・あっけなさすぎる・・・。」とウンチクを語り始めた。
これはビーンと走るようなほどのグルメな祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
フランス料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた拙僧に少し驚いた。
たのんだ焼酎ボトルが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計210740円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのガーランドで制限速度ギリギリに乗りながら、「俺の前で決闘を侮辱するなJOJO!はっ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

この仕事が終わったら引退して田舎でのんびり過ごす予定なんだ。

料理屋 | 2019/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク