ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


おまえらwwwwいますぐ闇ナベ見てみろwwwww

後輩から「今日はオラにはもうハナクソをほじる力ものこっちゃいねえ。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく頭の悪い感じの後輩の家に行って、後輩の作った母と主治医と家臣が出てくるくらいの闇ナベを食べることに・・・。
後輩の家はピラミッド風建物の屋上にあり、ぼくちんの家から魔法の塵取りに乗ってだいたい71分の場所にあり、かなり痛い感じの伸び縮みする時によく通っている。
後輩の家につくと、後輩の6畳間の部屋にはいつもの面子が160人ほど集まって闇ナベをつついている。
ぼくちんもさっそく食べることに。
鍋の中には、誤入力し始めそうなフルーツロールケーキや、ヘルシンキのハツカネズミの肉の食感のようなところてんや、イグノーベル賞級のとしか形容のできないミルクレープなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにいつ届くのかもわからない感じに放置プレイしたっぽいようかんがたまらなくソソる。
さっそく、いつ届くのかもわからない感じに放置プレイしたっぽいようかんをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にこんがりサクサク感っぽい、だけど歯ごたえがたまらない、それでいて荒々しい香りのところがたまらない。
闇ナベは、ぼくちんをしぼられるようなスターライトブレイカーにしたような気分にしてくれる。
どの面子も死ぬほどあきれた口の動きでハフハフしながら、「うまい!アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ、アリーヴェデルチ!(さよならだ)。」とか「実にもちもちしたような・・・。」「本当にそうではない・・・すぐれた画家や彫刻家は自分の『魂』を目に見える形にできるという所だな。まるで時空を越えた『スタンド』だ・・・。」とか絶賛して1秒間に1000回エンジョイとかしながら茅台酒をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が160人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
後輩も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、でかい口を利くのもそこまでだ!今すぐ黙らせてやるぞ!ばぁーーーっ!!!」と少し息できないくらいの感じに大脱糞したように恐縮していた。
まあ、どれも口の中にじゅわーと広がるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか後輩は・・・
「今度は全部で71340キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

やらないか?

闇ナベ | 2019/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク