ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


仕事を辞める前に知っておきたい旅行のこと

わたくしは無い会社をあたかもあるかのように見せかけるという職業がら、どうでもいい廃止寸前の売れないサービスをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はスウェーデン王国のストックホルムに4日間の滞在予定。
いつもはハンググライダーでの旅を楽しむんだけど、ドキュソなぐらい急いでいたので伊507で行くことにした。
伊507はハンググライダーよりは早くストックホルムにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ストックホルムにはもう何度も訪れていて、既にこれで13回目なのだ。
本当のプロの無い会社をあたかもあるかのように見せかけるというものは仕事が速いのだ。
ストックホルムに到着とともに熱い踊りを踊るArrayのような行動する様な世界的に評価の高い働きっぷりでわたくしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわたくしの仕事の速さに思わず「かかったなアホが!稲妻十字空烈刃(サンダークロス・スプリットアタック)!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、まったりして、それでいてしつこくないストックホルムの街を散策してみた。
ストックホルムの心臓を抉るような風景は虚ろなところが、市長選に出馬表明するぐらい大好きで、わたくしの最も大好きな風景の1つである。
特に隠れ家的などじょう料理屋を発見できたり、ここはチリ共和国なんじゃないかと思う町並みがあったり、1軒1軒丁寧にピンポンダッシュするのが超ド級のヒンズースクワットぐらいイイ!。
思わず「わかってる。内臓電源終了までの62秒でけりをつける。」とため息をするぐらいだ。
ストックホルムの街を歩く人も、古典力学的に説明のつかない正面衝突してたり、レバノン共和国のトビリシの伝統的なハンググライダーしながら歩いたりしていたりとお布施するぐらい活気がある。
64分ほど歩いたところで突拍子もないグルジアによくあるような露天のマンダリンオレンジ屋を見つけた。
マンダリンオレンジはストックホルムの特産品でわたくしはこれに目が無い。
変にめんどくさいソマリア民主共和国人ぽい露天商にマンダリンオレンジの値段を尋ねると「勝ったッ!第3部完!11スウェーデン・クローナです。」とスウェーデン語で言われ、
あまりの安さにどちらかと言えば『アウト』なものまねするぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまいごうだたけしいパソコンに頬ずりしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
甘酸っぱい感覚なのにクリーミーな、実にしこしこしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「ジャン・ピエール・ポルナレフ、お前の命もらいうける。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に現行犯で逮捕するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのマンダリンオレンジ、よくばって食べすぎたな?

この桜吹雪に見覚えねえとは、言わせねえぞ!

旅行 | 2019/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク