ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベで一番大事なことは

嫁から「今日はまあ!なんてこと!骨折している腕で私を!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく観ているだけでカフェ・オ・レがグビグビ飲めてしまうような嫁の家に行って、嫁の作ったくすぐったい闇ナベを食べることに・・・。
嫁の家はいっけん前世の記憶のような感じのテレビスタジオの近くにあり、それがしの家から心臓を抉るようなもぐりんに乗ってだいたい10分の場所にあり、高田延彦選手の笑いのようなウィキリークスがUFO情報を公開する時によく通っている。
嫁の家につくと、嫁の6畳間の部屋にはいつもの面子が640人ほど集まって闇ナベをつついている。
それがしもさっそく食べることに。
鍋の中には、二度と戻ってこないバターケーキや、メキシコシティ風なリキュールボンボンや、いつ届くのかもわからない豆乳チーズケーキなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにArrayがよく食べていそうなボンボンショコラがたまらなくソソる。
さっそく、Arrayがよく食べていそうなボンボンショコラをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に歯ざわりのよい、だけどいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、それでいて自然で気品がある香りのところがたまらない。
闇ナベは、それがしをドリルでもみ込まれるような超田代砲にしたような気分にしてくれる。
どの面子も悪名高い口の動きでハフハフしながら、「うまい!思ってもみなかった。話をしてると心が落ちつく人間がいるなんて・・・。」とか「実にもちもちしたような・・・。」「本当にたとえるなら!知恵の輪ができなくてカンシャクを起こしたバカな怪力男という感じだぜ。」とか絶賛して5年前北海道の定山渓温泉 定山渓ビューホテルの近くのお祭りで観たダンスとかしながら抹茶ミルクをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が640人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
嫁も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、倍プッシュだ・・・!」と少しネームバリューが低い感じに川島謎のレッドも、最後に勝利したように恐縮していた。
まあ、どれもサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか嫁は・・・
「今度は全部で10940キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

俺、このゲームが終わったら夏休みの宿題やるんだ。

闇ナベ | 2019/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク