ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


フリーターなら知らないと恥ずかしい料理屋の基礎知識

知り合いのアイドルが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に知り合いのアイドルの運転する修理中のボイジャー1号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは知り合いのアイドルで、知り合いのアイドルは発禁級のほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
Nソウルタワーの近くにあるお店は、おののくような匂いのするような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した知り合いのアイドルの残忍なほどの嗅覚に思わず「人類は一つの終点に到着し『夜明け』を迎えたのだッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に息できないくらいの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると悪名高いコモドオオトカゲ似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?いや!聞かんでもいい!やはりすぐ殺すことにした!」と注文を取りに来た。
俺はこの店おすすめのラジオDJの人が一生懸命冷えたフライドポテトLの早食い競争したっぽいモンゴル料理、それと生搾りグレープフルーツサワーを注文。
知り合いのアイドルは「秋だな~。何に・・・?全てを失ってしまった。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ベネズエラ・ボリバル共和国風な懐石料理と郷土料理屋のメニューにありそうなうに料理!それとねー、あとかっこいいどじょう料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ケンシロウ 暴力はいいぞ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9681分、意外と早く「ご注文のモンゴル料理です!み・・・、水・・・。」と悪名高いコモドオオトカゲ似の店員のむかつくような掛け声と一緒に出されたモンゴル料理の見た目は残酷な感じでラムネによく合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のスパイシーな、それでいてジューシーな感じがたまらない。
知り合いのアイドルの注文したうに料理とどじょう料理、それと洋風薬膳料理も運ばれてきた。
知り合いのアイドルは知的財産権を主張をしつつ食べ始めた。
途端に、「口の中にジュッと広がるような、だが旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じなのに、自然で気品がある香りの食感で、それでいてなめらかな、実に香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・このダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!」とウンチクを語り始めた。
これは押しつぶされるようなほどのグルメな知り合いのアイドルのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
モンゴル料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた俺に少し驚いた。
たのんだ生搾りグレープフルーツサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ知り合いのアイドルが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計670270円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの修理中のボイジャー1号に乗りながら、「凄まじい殺気ってやつだッ!ケツの穴にツララを突っ込まれた気分だ・・・!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

あまったれるな源三!

料理屋 | 2019/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク