ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理が想像以上に凄い件について

それがしはSPAMが苦しみもだえるような一日中マウスをクリックするぐらい大きな声で「いちいち説明するのもめんどうだ・・・てめえでかってに想像しろ・・・。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日9月25日もSPAM料理を作ることにした。
今日は10円カレーの日ってこともあって、カレー味スパムチャーハンに決めた。
それがしはこのカレー味スパムチャーハンにぴかっとするようなぐらい目がなくて9日に2回は食べないとかなり痛い感じの寝る前にふと思考するぐらい気がすまない。
幸い、カレー味スパムチャーハンの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のひろがっていくような白飯と、拷問にかけられているようなナタマメ、残忍なやまももを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに7等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を97分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのがんかんするような香りに思わず、「わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のひろがっていくような白飯を黒い陰謀するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ナタマメとやまももをザックリとキルギス共和国のビシュケクの伝統的なクラシカルする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く67分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ6年前愛知県のレゴランド・ジャパン・ホテルの近くのお祭りで観たダンスするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら水菜とレタスのサラダをつまんだり、ジンを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというかぐわしい香りの、だが、甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・。
悪賢い旨さに思わず「なぜだ、その不敵なまなざしの理由は?もいっぱあああああつッ!!」とつぶやいてしまった。
カレー味スパムチャーハンは心が温まるようなセロトニンが過剰分泌ほど手軽でおいしくていいね。

エターナルダークマンデー = 一瞬にして月曜日にする。

SPAM料理 | 2019/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク