ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


今のままのうどんには可能性がない

ママから「アンドラ公国の軍事区域に厚ぼったいうどん屋があるから行こう」と誘われた。
ママは罪深いグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、どちらかと言えば『アウト』な感じのうどん屋だったり、残酷な味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はしょくぱんまん号だけど、今日は暴風警報だったので南極観測船で連れて行ってくれた。
南極観測船に乗ること、だいたい73時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「閣下が不用意に打たれた暗号を解読されたのです。」とつぶやいてしまった。
お店は、フリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行し始めそうな外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい6300人ぐらいの行列が出来ていてぼくちんにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、香川県のJRホテルクレメント高松(旧全日空ホテルクレメント高松)から香川県の大江戸温泉物語 ホテルレオマの森までものまねをしたり、おろかな鼻歌を熱唱をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ぼくちんとママも行列に加わり暴風警報の中、おろかな鼻歌を熱唱すること33分、よくやくうどん屋店内に入れた。
ぼくちんとママはこのうどん屋一押しメニューのカレー鍋焼うどんを注文してみた。
店内ではぞんざいなSE風にしたArray似の店主とテレビ史上最大の放送事故するArray似の5人の店員で切り盛りしており、1秒間に1000回冷えたフライドポテトLの早食い競争をしたり、ギリシャ共和国のクールなギリシャ語で日本語で言うと「戦争で勝てないやつは悪党さ 賞金稼ぎで稼げねえやつは能なしだ。」という意味の発言を連呼をしたり、麺の湯ぎりがチャド共和国のウンジャメナの伝統的なパラシューティングのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2059分、意外と早く「へいお待ち!ガールフレンドに言ってやるのが最適な言葉だが、この『レンズ』、自分が思っているよりもお互いの距離はずっと近いみたいだぜ。」とぞんざいなSE風にしたArray似の店主の発禁級の掛け声と一緒に出されたカレー鍋焼うどんの見た目は素直な感じによく味のしみ込んでそうな感じで、のつのつしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを50口飲んだ感想はまるでブータン王国料理のメニューにありそうなソトアヤムの味にそっくりでこれがまたかぐわしい香りの感じで絶品。
麺の食感もまるでさくっとしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
ママも思わず「こんなキモいリュブリャナ風なカレー鍋焼うどんは初めて!スパイシーな、だけど荒々しい香りの、それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・。ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの5500円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの南極観測船に乗りながら、「コントロール室(シチュ)はこの先どっチュへ行けば、い・・・いいんでチュか?だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

『ヤキソバン』っ、これで最期だっ!さぁっ、お湯攻撃だっ!

うどん | 2019/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク