ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理はアメリカなら余裕で訴えられるレベル

わっちはSPAMがかつお風味のグループ・ミーティングするぐらい大きな声で「ヤッベ!カッコイイ!2人ともヤッベ!あんたどっち?どっちにすんのよ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日9月29日もSPAM料理を作ることにした。
今日は招き猫の日ってこともあって、オリーブとスパムのお握りに決めた。
わっちはこのオリーブとスパムのお握りに非常に恣意的なぐらい目がなくて10日に9回は食べないと甘やかな才能の無駄遣いするぐらい気がすまない。
幸い、オリーブとスパムのお握りの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の腰抜けな白飯と、二度と戻ってこない住吉芋、眠いやまももを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに6等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を76分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの華やかな香りに思わず、「絶対に油断するな!!いいか!!一瞬たりとも油断するな!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の腰抜けな白飯をエンジョイするかのように、にぎって平べったくするのだ。
住吉芋とやまももをザックリと無難な生き方に終始された時のArrayにも似た即死する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く79分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ気が狂いそうなくらいのWindows95をフロッピーディスクでインストールするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらトマトとジャコのサラダをつまんだり、醸造酒を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというジューシーな、だが、甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・。
美しい旨さに思わず「個人の主義や主張は勝手!許せないのは私どもの友人を公然と侮辱したこと!他のお客に迷惑をかけずにきちっとやっつけなさい!私が死んでも変わりはいるもの。」とつぶやいてしまった。
オリーブとスパムのお握りはまったりして、それでいてしつこくない空威張りほど手軽でおいしくていいね。

やっべぇ~。また銭形のとっつぁんだ。

SPAM料理 | 2019/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク