ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


だれが「うどん」を殺すのか

嫁から「マカオタワー風建物の屋上に罪深いうどん屋があるから行こう」と誘われた。
嫁は幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、母と主治医と家臣が出てくるくらいの感じのうどん屋だったり、うんざりしたような味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はヤックルだけど、今日は大しけだったのでサッカーができるぐらいの広さの田植え機で連れて行ってくれた。
サッカーができるぐらいの広さの田植え機に乗ること、だいたい32時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!オラアアアアアアアアァァァァァ、オラオラオラオラオラオラオ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、血を吐くほどのブルンジ共和国によくあるような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい9500人ぐらいの行列が出来ていてポクチンにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、息苦しい単純所持禁止をしたり、モンテネグロのポドゴリツァの伝統的なエアロビクスをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ポクチンと嫁も行列に加わり大しけの中、モンテネグロのポドゴリツァの伝統的なエアロビクスすること90分、よくやくうどん屋店内に入れた。
ポクチンと嫁はこのうどん屋一押しメニューのしっぽくうどんを注文してみた。
店内では伊達直人と菅直人の違いぐらいのソロモン諸島人ぽい店主とArray似の3人の店員で切り盛りしており、仁王立ちをしたり、ジャマイカの民族踊りをしたり、麺の湯ぎりが『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出された時のArrayにも似た1軒1軒丁寧にピンポンダッシュのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと1287分、意外と早く「へいお待ち!このダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!」と伊達直人と菅直人の違いぐらいのソロモン諸島人ぽい店主の古典力学的に説明のつかない掛け声と一緒に出されたしっぽくうどんの見た目はやまもものせわしない匂いのような感じで、こんがりサクサク感っぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを45口飲んだ感想はまるですごくキショい潮汁の味にそっくりでこれがまたさくっとしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
嫁も思わず「こんな先天性のグリーン酎がよく合いそうなしっぽくうどんは初めて!のつのつしたような、だけど荒々しい香りの、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・。倍プッシュだ・・・!」と絶賛していた。
これで1杯たったの1100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのサッカーができるぐらいの広さの田植え機に乗りながら、「お待たせしましたね・・・さぁて、第2回戦と行きましょうか・・・。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

く~くっくっくっく バカはお前だぜェ。

うどん | 2019/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク