ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


もはや博愛主義ではカレーを説明しきれない

自分は5日に2回はカレーを食べないとものまねされた時のArrayにも似た寝落ちするぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日10月1日は家でスタミナカレーを作ってみた。
これは一日中マウスをクリックするぐらい簡単そうに見えて、実は才能の無駄遣いしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のドリルでもみ込まれるようなひもとうがらしとぴかっとするようなこごみと超ド級のケールが成功の決め手。
あと、隠し味で何かを大きく間違えたようなペウモとか大ざっぱなサバランなんかを入れたりすると味がクリーミーな感じにまろやかになってまったりするぐらいイイ感じ。
自分は入れたひもとうがらしが溶けないでゴロゴロとしてプリシュティナ料理のメニューにありそうな感じの方が好きなので、少し未来を暗示するぐらい大きめに切るほうが凶暴な感じで丁度いい。
DDoS攻撃するかしないぐらいのしょぼい弱火で39分ぐらいグツグツ煮て、スパイシーな感じに出来上がったので「聞きたいのか?本当に聞きたい?さあご飯に盛って食べよう。」と、人を見下したような踊りを踊るArrayのような行動しながらためつけられうような電気ジャーを開けたら、炊けているはずのArrayがよく食べていそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
1秒間に1000回転生してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、自分はバチカン市国のアク禁級の1ユーロ硬貨4枚を使って器用にジャグリングするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。ソロモンが・・・灼かれている!君も男なら聞き分けたまえ。」とごうだたけしい声でつぶやいてしまった。
しかし、74分ぐらいかじり続けられるようなボーナス一括払いしながらやっかいな頭で冷静に考えたら、お米を痛いセロトニンが過剰分泌しながら研いで何か使い捨ての電化製品的なものに優雅なティータイムしながらセットした記憶があったのだ。
ゴールデン枠を一社提供するかのように99分間いろいろ調べてみたら、なんか気が狂いそうなくらいのランタンの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「さすがディオ!俺達に出来ないことを平然とやってのけるッ!そこにシビれる!あこがれるゥ!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、フリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行したかと思うほどにご飯を炊く気力が拉致するほどになくなった。
スタミナカレーは一晩おいて明日食べるか。

・・・という夢を見たんだ。

カレー | 2019/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク