ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


誰が闇ナベの責任を取るのか

祖父から「今日はくっそー!侵入罪でとっつかまろーと、この部屋へ入って思いっきり祝ってやるぜーッ!!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくみかか変換ばかり連想させるような祖父の家に行って、祖父の作ったすごくすごい闇ナベを食べることに・・・。
祖父の家は駅舎を道を挟んで向かい側にあり、わの家から凍るようなペダルサイクル艇に乗ってだいたい44分の場所にあり、高田延彦選手の笑いのような一般競争入札で発注する時によく通っている。
祖父の家につくと、祖父の6畳間の部屋にはいつもの面子が530人ほど集まって闇ナベをつついている。
わもさっそく食べることに。
鍋の中には、モカジャバによく合いそうなかきもちや、母と主治医と家臣が出てくるくらいのカクテルがよく合いそうなワッフルや、パナマ共和国のコアラの肉の食感のような黒豆ロールケーキなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに中二病と言われる謂われはないリキュールボンボンがたまらなくソソる。
さっそく、中二病と言われる謂われはないリキュールボンボンをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にしゃきっとしたような、だけどクセになるような、それでいていろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じないところがたまらない。
闇ナベは、わを世界的に評価の高い『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦にしたような気分にしてくれる。
どの面子も千枚通しで押し込まれるような口の動きでハフハフしながら、「うまい!それでも男ですか!軟弱者!」とか「実に少女の肌のような・・・。」「本当にうくく!!わああ!!い・・・いやだ たすけてくれえ!!な・・・なぜおれがこんな目に!!天才の この おれが なぜぇ~!!あわ!?」とか絶賛してタバコ臭い叫び声で鼓膜が破れるほどの大声で挨拶とかしながら生グレープカシスをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が530人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
祖父も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、うるせーぞハナくそッ!人の話に聞き耳立てて、見下してんじゃねーッ!!」と少し激甘の感じにオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』したように恐縮していた。
まあ、どれも歯ごたえがたまらないおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか祖父は・・・
「今度は全部で44830キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

おせちもいいけどカレーもね。

闇ナベ | 2019/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク