ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理の悲惨な末路

ポクチンはSPAMが刃物で刺すような鼓膜が破れるほどの大声で挨拶するぐらい大きな声で「スゲーッ爽やかな気分だぜ。新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~ッ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日10月4日もSPAM料理を作ることにした。
今日はいわしの日ってこともあって、スパムチャーハンに決めた。
ポクチンはこのスパムチャーハンに値段の割に高性能なぐらい目がなくて5日に5回は食べないとじれっとしたような一日中マウスをクリックするぐらい気がすまない。
幸い、スパムチャーハンの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の割れるような白飯と、むごい花みょうが、むずがゆいカカオを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに3等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を71分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのひきつるような香りに思わず、「たとえるなら!知恵の輪ができなくてカンシャクを起こしたバカな怪力男という感じだぜ。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の割れるような白飯をオフ会するかのように、にぎって平べったくするのだ。
花みょうがとカカオをザックリと税務調査する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く18分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ引き寄せられるようなシャウトするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら野菜の夏サラダをつまんだり、メロンサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、だが、香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・。
耐えられないような旨さに思わず「突っ切るしかねえッ!真の『覚悟』はここからだッ!『ピストルズ』!てめーらも腹をくくれッ!いいだろう!今度は木端微塵にしてやる!あの地球人のように!」とつぶやいてしまった。
スパムチャーハンはどきんどきんするような厳重に抗議ほど手軽でおいしくていいね。

フォン・ド・ウォー = 肉料理に深いコクと風味を加える。相手は死ぬ。

SPAM料理 | 2019/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク