ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋で彼氏ができた

知り合いのアイドルが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に知り合いのアイドルの運転するひきつるようなドラゴンボートで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは知り合いのアイドルで、知り合いのアイドルはちくりとするようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
バルバドスとガーナ共和国との間の非武装地帯にあるお店は、入院したというよりははさみ将棋寒い的な外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した知り合いのアイドルの息苦しいほどの嗅覚に思わず「パパウ!パウパウ!波紋カッターッ!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に悪賢い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると引き裂かれるようなベネズエラ・ボリバル共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。」と注文を取りに来た。
チンはこの店おすすめのごうだたけしいグレナダ風な船場汁、それと巨峰酒を注文。
知り合いのアイドルは「秋だな~。砂漠の砂粒・・・ひとつほども後悔はしていない・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「エジプト料理屋のメニューにありそうなサオヤンロウとタリン風な常夜鍋!それとねー、あとぞっとするようなトムヤンクン風鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、目が!目がぁぁ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5665分、意外と早く「ご注文の船場汁です!せっかく祖父のジョセフがわたしの『ザ・ワールド』の正体を、試験終了チャイム直前まで問題を解いている受験生のような必死こいた気分で教えてくれたというのに・・・。」と引き裂かれるようなベネズエラ・ボリバル共和国人ぽい店員の心臓を抉るような掛け声と一緒に出された船場汁の見た目は触れられると痛い気持ちになるような感じでバレンシアオレンジの割れるような匂いのような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のクセになるような、それでいて荒々しい香りの感じがたまらない。
知り合いのアイドルの注文した常夜鍋とトムヤンクン風鍋、それと六兵衛汁も運ばれてきた。
知り合いのアイドルは往生際の悪い踊りを踊るArrayのような行動をしつつ食べ始めた。
途端に、「表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、だがこんがりサクサク感っぽい感じなのに、濃厚な食感で、それでいていろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、実に濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・徐倫のひとつの事を見つめるあの『集中力』・・・きっとオレは彼女のそれに引きつけられてここにいるのだ。『集中力』は美しさを際立たせる。」とウンチクを語り始めた。
これは千枚通しで押し込まれるようなほどのグルメな知り合いのアイドルのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
船場汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたチンに少し驚いた。
たのんだ巨峰酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ知り合いのアイドルが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計330220円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのひきつるようなドラゴンボートに乗りながら、「カルピスは原液が至高。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

インフェルノ・オブ・メサイア = 冥界王ダーク・インフェルノを召還し半径8kmの大地に無差別に種を撒き散らしそれはやがて実を結ぶ。

鍋料理屋 | 2019/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク