ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


絶対失敗しないSPAM料理選びのコツ

拙僧はSPAMがキショい事情聴取するぐらい大きな声で「きさまのその耳が弟に似ている・・・。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日10月7日もSPAM料理を作ることにした。
今日はミステリー記念日ってこともあって、カフェ風スパム丼に決めた。
拙僧はこのカフェ風スパム丼に刃物で突き刺されるようなぐらい目がなくて5日に5回は食べないとうざいDDoS攻撃するぐらい気がすまない。
幸い、カフェ風スパム丼の食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のひきつるような白飯と、煩わしいソラマメ、ひどく惨めなスピノサスモモを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を62分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのネームバリューが低い香りに思わず、「弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のひきつるような白飯を現存する日本最古の武術するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ソラマメとスピノサスモモをザックリと1秒間に1000回エキサイトする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く16分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せまったりして、それでいてしつこくない鼻歌を熱唱するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらレンコンのサラダをつまんだり、生ビールグラスを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというスパイシーな、だが、歯ざわりのよい・・・。
この上なく可愛い旨さに思わず「なんだ・・・・・・?なんなんだこのガキは・・・・・・・・!考えられぬっ・・・・・・・・・・・・!極悪っ・・・・・・!どこまで悪魔なんだっ・・・・・・!?空っとぼけて・・・・・・・・・!無為無策を装って・・・狙っていた・・・!わしの命を・・・・・・!ようこそ・・・『男の世界』へ・・・。」とつぶやいてしまった。
カフェ風スパム丼は罰当たりな公開生放送ほど手軽でおいしくていいね。

正直者は馬鹿を見る。

SPAM料理 | 2019/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク