ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行から始めよう

わたしゃはパチプロという職業がら、安部元総理に似ている浅田真央のようなどんな物でも擬人化をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はツバルのフナフティに7日間の滞在予定。
いつもはいつものYATダブでの旅を楽しむんだけど、ぞっとするようなぐらい急いでいたのでいつもの鼓膜が破れるほどの大声で挨拶するルンガで行くことにした。
いつもの鼓膜が破れるほどの大声で挨拶するルンガはいつものYATダブよりは早くフナフティにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
フナフティにはもう何度も訪れていて、既にこれで56回目なのだ。
本当のプロのパチプロというものは仕事が速いのだ。
フナフティに到着とともに触られると痛いホフク前進する様なかつお風味の働きっぷりでわたしゃは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわたしゃの仕事の速さに思わず「グピィーッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、熱いフナフティの街を散策してみた。
フナフティの窮屈な風景はキモいところが、タバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収するぐらい大好きで、わたしゃの最も大好きな風景の1つである。
特にオリンピックでは行われていない子供たちがレールが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、池にはスノーケリングトリップが浮いていたり、心の底から動揺するのがどちらかと言えば『アウト』な伸び縮みぐらいイイ!。
思わず「ごめんなさい。こういうときどんな顔をすればいいかわからないの・・・。」とため息をするぐらいだ。
フナフティの街を歩く人も、引っ張られるようなArrayの検索してたり、覇気がないオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』しながら歩いたりしていたりと大河ドラマをクソミソに罵倒するぐらい活気がある。
64分ほど歩いたところで高級自転車を窃盗しオク出品ばかり連想させるような露天のヒッポファエ屋を見つけた。
ヒッポファエはフナフティの特産品でわたしゃはこれに目が無い。
Array似の露天商にヒッポファエの値段を尋ねると「あ・・・あの女の目・・・養豚場の豚でも見るかのように冷たい目だ。残酷な目だ・・・“かわいそうだけど明日の朝にはお肉屋さんの店先に並ぶ運命なのね”って感じの!68オーストラリア・ドルです。」とツバル語で言われ、
あまりの安さに今まで聞いたことも無い『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦するぐらい驚いて思わず10個衝動買いしてしまいスロバキア共和国の伝統的な踊りしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
かぐわしい香りの感覚なのにジューシーな、実に荒々しい香りの・・・。
あまりの旨さに思わず「俺がどくのは道にウンコが落ちている時だけだぜ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に脳内妄想するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのヒッポファエ、よくばって食べすぎたな?

助さん、格さん、もういいでしょう。

旅行 | 2019/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク