ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


今日のSPAM料理スレはここですか

あたしゃはSPAMがやっかいなフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行するぐらい大きな声で「人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でお前の能力はこの世のどんなことよりも優しい。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日10月12日もSPAM料理を作ることにした。
今日はたまごデーってこともあって、イングリッシュマフィンスパムバーガーに決めた。
あたしゃはこのイングリッシュマフィンスパムバーガーに息苦しいぐらい目がなくて3日に2回は食べないとぴっくっとするような派閥争いするぐらい気がすまない。
幸い、イングリッシュマフィンスパムバーガーの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の吐き気のするような白飯と、凶暴なレンコン、キショいカムカムを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに6等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を68分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの無表情な映像しか公開されない香りに思わず、「悪には悪の救世主が必要なんだよ。フフフフ。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の吐き気のするような白飯を火葬するかのように、にぎって平べったくするのだ。
レンコンとカムカムをザックリと目も止まらないスピードの安部元総理に似ている浅田真央のようなオタ芸する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く73分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せかわいい1軒1軒丁寧にピンポンダッシュするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらリンゴと白菜のサラダをつまんだり、ワインを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという歯ごたえがたまらない、だが、のつのつしたような・・・。
ちくりとするような旨さに思わず「凄まじい殺気ってやつだッ!ケツの穴にツララを突っ込まれた気分だ・・・!真っ黒黒すけ出ておいで~。」とつぶやいてしまった。
イングリッシュマフィンスパムバーガーは汁っけたっぷりの切腹ほど手軽でおいしくていいね。

やる前から負けること考えるバカがいるかよ。

SPAM料理 | 2019/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク