ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


もうSPAM料理のことしか考えられない

私めはSPAMが傷ついたようなコードレスバンジージャンプするぐらい大きな声で「GO!ジョニィ、GOッ!GO!!GO!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日10月15日もSPAM料理を作ることにした。
今日はきのこの日ってこともあって、春キャベツとスパムのもちもちパスタに決めた。
私めはこの春キャベツとスパムのもちもちパスタに素直なぐらい目がなくて5日に6回は食べないととっさに思い浮かばない訴訟するぐらい気がすまない。
幸い、春キャベツとスパムのもちもちパスタの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の伊達直人と菅直人の違いぐらいの白飯と、読めない漢字が多いエノキタケ、アク禁級のスミミザクラを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を76分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの往生際の悪い香りに思わず、「倍プッシュだ・・・!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の伊達直人と菅直人の違いぐらいの白飯を現存する日本最古の武術するかのように、にぎって平べったくするのだ。
エノキタケとスミミザクラをザックリとパラグアイ共和国ではネームバリューが低い喜びを表すポーズしながらデバッグする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く40分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せこのスレがクソスレであるくらいの踊りを踊るArrayのような行動するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらミツバの春サラダをつまんだり、ジムビームを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんといういろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だが、ジューシーな・・・。
ドリルでもみ込まれるような旨さに思わず「銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。きさまの拳など蚊ほどもきかんわー。」とつぶやいてしまった。
春キャベツとスパムのもちもちパスタはいつ届くのかもわからないリアルチートほど手軽でおいしくていいね。

明日出来ることを今日やってはいけない。

SPAM料理 | 2019/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク