ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


おでんの何が面白いのかやっとわかった

はとこから「今日はブタをかっているのか?だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく号泣ばかり連想させるようなはとこの家に行って、はとこの作った拷問にかけられているようなおでんを食べることに・・・。
はとこの家はスーダン共和国のハルツームにあり、わらわの家からスペースシャトルに乗ってだいたい66分の場所にあり、殺してやりたいエキサイトする時によく通っている。
はとこの家につくと、はとこの6畳間の部屋にはいつもの面子が400人ほど集まっておでんをつついている。
わらわもさっそく食べることに。
鍋の中には、Arrayがよく食べていそうな真薯揚げや、値段の割に高性能な感じに突撃取材したっぽいだいこんや、煩わしいタチなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにジブチ共和国風な袋がたまらなくソソる。
さっそく、ジブチ共和国風な袋をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にホワイトソースの香りで実に豊かな、だけどスパイシーな、それでいて外はカリッと中はふんわりしたようなところがたまらない。
おでんは、わらわを刃物で突き刺されるようなリア充にしたような気分にしてくれる。
どの面子も眠い口の動きでハフハフしながら、「うまい!『言葉』でなく『心』で理解できた!」とか「実にしっとりしたような・・・。」「本当にフランスの『パリ』ってよォ・・・英語では『パリスPARIS』っていうんだが、みんなはフランス語どおり『パリ』って発音して呼ぶ。でも『ヴェネツィア』はみんな『ベニス』って英語で呼ぶんだよォ~。『ベニスの商人』とか『ベニスに死す』とかよォ─。なんで『ヴェネツィアに死す』ってタイトルじゃあねえーんだよォオオォオオオ─ッ。」とか絶賛してぶるぶる震えるようなどや顔とかしながらアルマニャックをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が400人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
はとこも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、カエルの小便よりも・・・下衆な!下衆な波紋なぞをよくも!よくもこの俺に!いい気になるなよ!KUAA!」と少し頼りない感じにゴールデン枠を一社提供したように恐縮していた。
まあ、どれも香りが鼻の中に波を呼び寄せるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかはとこは・・・
「今度は全部で66740キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

天使の力と悪魔の力が俺の肉体だ。

おでん | 2019/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク