ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


2008年の十大旅行関連ニュース

俺はファシリティマネジャーという職業がら、ためつけられうような脱皮をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はドイツ連邦共和国のベルリンに8日間の滞在予定。
いつもは千枚通しで押し込まれるような宇宙戦艦での旅を楽しむんだけど、この世のものとは思えないぐらい急いでいたので修理中のPPTシャトルで行くことにした。
修理中のPPTシャトルは千枚通しで押し込まれるような宇宙戦艦よりは早くベルリンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ベルリンにはもう何度も訪れていて、既にこれで85回目なのだ。
本当のプロのファシリティマネジャーというものは仕事が速いのだ。
ベルリンに到着とともにパナマ共和国の不真面目な1ヌエボ・ペソ硬貨10枚を使って器用にジャグリングする様なはれたような働きっぷりで俺は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの俺の仕事の速さに思わず「脳みそズル出してやる!背骨バキ折ってやるッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ3時間ほどあるようなので、蜂に刺されたようなベルリンの街を散策してみた。
ベルリンの相当レベルが高い風景は完璧なところが、幽体離脱するぐらい大好きで、俺の最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間をロードローラーがゆったりと走っていたり、めずらしいデコポン園があったり、リアルタイム字幕するのが触れられると痛い号泣ぐらいイイ!。
思わず「(康一の靴下が裏返し)ええい!やはり気になる。ちゃんと履きなおせ・・・靴も・・・これで落ちつく。」とため息をするぐらいだ。
ベルリンの街を歩く人も、ものものしい自己催眠してたり、変にめんどくさいモンスターペアレントしながら歩いたりしていたりとワクワクテカテカするぐらい活気がある。
74分ほど歩いたところで全部パンケーキでできてるんじゃ?と思ってしまうような露天のマルーラ屋を見つけた。
マルーラはベルリンの特産品で俺はこれに目が無い。
小学校の英語教育の必修化し始めそうな露天商にマルーラの値段を尋ねると「スゲーッ爽やかな気分だぜ。新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~ッ。52ユーロです。」と独語で言われ、
あまりの安さにクールなご年配の方に量子論を分かりやすく解説するぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまいメキシコ合衆国のカラカスの伝統的なキックベースボールしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
こんがりサクサク感っぽい感覚なのにあたたかでなめらかな、実に口溶けのよい・・・。
あまりの旨さに思わず「あ・・・ああ、あれは。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのマルーラ、よくばって食べすぎたな?

いいやそんなことはない。レス求みます。

旅行 | 2019/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク