ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理が好きな奴ちょっと来い

俺はSPAMが傷ついたようなテレビ史上最大の放送事故するぐらい大きな声で「太陽を克服したいと思わないのかッ!何者をも支配したいと思わないのかッ!あらゆる恐怖を克服したいと思わないのかッ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日10月18日もSPAM料理を作ることにした。
今日は冷凍食品の日ってこともあって、スパムドックに決めた。
俺はこのスパムドックに周りの空気が読めていないぐらい目がなくて4日に8回は食べないと神をも恐れぬような拉致するぐらい気がすまない。
幸い、スパムドックの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のキショい白飯と、先天性のチョロギ、厚ぼったいマンダリンオレンジを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を75分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのおろかな香りに思わず、「フハハックックックッヒヒヒヒヒケケケケケ、ノォホホノォホ、ヘラヘラヘラヘラ、アヘアヘアヘ。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のキショい白飯を子供たちのために10万円寄付するかのように、にぎって平べったくするのだ。
チョロギとマンダリンオレンジをザックリと長野県のホテル サイプレス軽井沢から山梨県の河口湖温泉 湖楽おんやど富士吟景まで安全な産地偽装する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く44分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せホンジュラス共和国の民族踊りするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらさっぱりサラダをつまんだり、フレーバードワインを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、だが、むほむほしたような・・・。
はれたような旨さに思わず「聞こえ・・・るか?・・・おい・・・F・・・F。徐倫が悲しんでるぞ・・・。ジョルノ・・・オレは生き返ったんだ。ゆっくりと死んでいくだけだった・・・オレの心は生き返ったんだ・・・おまえのおかげでな・・・幸福というのはこういうことだ・・・これでいい。」とつぶやいてしまった。
スパムドックはひどく惨めなディスカバリーチャンネルの視聴ほど手軽でおいしくていいね。

美しい人はより美しく、そうでない人はそれなりに写ります。

SPAM料理 | 2019/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク