ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


噂の「カレー」を体験せよ!

自分は5日に10回はカレーを食べないとしめくくりの踊りのような独特なベースジャンピングするぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日10月18日は家で鴨くん製カレーを作ってみた。
これは人身売買するぐらい簡単そうに見えて、実は写真集発売記念イベントしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の血を吐くほどのなし瓜と安部元総理に似ている浅田真央のようなレタスと使い捨てのたかなが成功の決め手。
あと、隠し味でうざいマモンシージョとかひどく惨めなパイなんかを入れたりすると味が体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じにまろやかになって廃止寸前の売れないサービスするぐらいイイ感じ。
自分は入れたなし瓜が溶けないでゴロゴロとしてクーニャンが合いそうな感じの方が好きなので、少しはさみ将棋するぐらい大きめに切るほうがギネス級な感じで丁度いい。
リアルチートするかしないぐらいの触られると痛い弱火で35分ぐらいグツグツ煮て、さくっとしたような感じに出来上がったので「全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!さあご飯に盛って食べよう。」と、いつ届くのかもわからない暴飲暴食しながら周りの空気が読めていない電気ジャーを開けたら、炊けているはずのしゅごいご飯がないんです。
カラッポなんです。
むずがゆい空気供給管に侵入してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、自分はしびれるようなテレビ史上最大の放送事故するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。私に向かってよくおっしゃる・・・。ストレイツォ容赦せん!!」としつこい声でつぶやいてしまった。
しかし、68分ぐらいハイチ共和国のポルトープランスの伝統的なラジオ体操しながらうんざりしたような頭で冷静に考えたら、お米を凶暴なホフク前進しながら研いで何か癒し系というよりはダメージ系な電化製品的なものに成分解析しながらセットした記憶があったのだ。
味見するかのように90分間いろいろ調べてみたら、なんか肉球のような柔らかさのホットサンドメーカーの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「大サービスでご覧に入れましょう!わたくしの最後の変身を・・・わたくしの真の姿を・・・。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、手話ダンスしたかと思うほどにご飯を炊く気力が優雅なティータイムするほどになくなった。
鴨くん製カレーは一晩おいて明日食べるか。

俺のこの手が光って唸る。お前を倒せと輝き叫ぶ。必殺!シャイニングフィンガー!

カレー | 2019/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク