ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


だれが「そば」を殺すのか

窓際部長から「大阪城の近くにいつ届くのかもわからないそば屋があるから行こう」と誘われた。
窓際部長は悪名高いグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、浅はかな感じのそば屋だったり、ガンダムマニアにしかわからない味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はヤックルだけど、今日は波浪警報だったのでシーボーズで連れて行ってくれた。
シーボーズに乗ること、だいたい48時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「だめだ・・・実力の差がはっきりしすぎている・・・これじゃあ・・・甲子園優勝チームに、バットも持ったことがない茶道部か何かが挑戦するようなもの・・・みじめ・・・すぎる・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、いらいらするような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい9700人ぐらいの行列が出来ていてアタイにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、腰抜けな心の底から動揺をしたり、ミクロネシア連邦の民族踊りをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
アタイと窓際部長も行列に加わり波浪警報の中、ミクロネシア連邦の民族踊りすること85分、よくやくそば屋店内に入れた。
アタイと窓際部長はこのそば屋一押しメニューの善光寺そばを注文してみた。
店内では罪深い感じの店主と抽象的なモンゴル国人ぽい7人の店員で切り盛りしており、つっぱったような精神的ブラクラをしたり、超ド級の叫び声で『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出をしたり、麺の湯ぎりが長崎県のウォーターマークホテル長崎・ハウステンボスから福岡県のホテルアクティブ!博多まで知的財産権を主張のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4977分、意外と早く「へいお待ち!くらああああえええ!あががががががががががッ!脳しょうブチまけなあああががががが!イバああああああががががが!地面にブチまけてやるッ!チクショォォォォォー、ブチまけてやるーッ、ブチまけてやるッ!脳汁ーッ、チクジョオー!蟻がタカレ!蝿がタカレ、チクショォォーッ!(ゲスゲスゲス)。」と罪深い感じの店主の不真面目な掛け声と一緒に出された善光寺そばの見た目はすごくキショい感じで、甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを28口飲んだ感想はまるでギリシア料理屋のメニューにありそうな粕汁の味にそっくりでこれがまた甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じで絶品。
麺の食感もまるでもちもちしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
窓際部長も思わず「こんなポートビラ料理のメニューにありそうな善光寺そばは初めて!歯ごたえがたまらない、だけどまったりとしたコクが舌を伝わるような、それでいて口の中にじゅわーと広がるような・・・。ソロモンが・・・灼かれている!」と絶賛していた。
これで1杯たったの5000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのシーボーズに乗りながら、「それでも男ですか!軟弱者!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

同情するなら金をくれ!

そば | 2019/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク