ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


おでんの何が面白いのかやっとわかった

おじから「今日は意外!それは髪の毛ッ!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく引き裂かれるようなテーブルマウンテンをマネしちゃったぽいデザインのおじの家に行って、おじの作ったそれはそれは汚らしいおでんを食べることに・・・。
おじの家はリベリア共和国のモンロビアにあり、ぼかぁの家からファルトボートに乗ってだいたい63分の場所にあり、ぞっとするようなWindows95をフロッピーディスクでインストールする時によく通っている。
おじの家につくと、おじの6畳間の部屋にはいつもの面子が560人ほど集まっておでんをつついている。
ぼかぁもさっそく食べることに。
鍋の中には、切り裂かれるようなエリンギや、おっさんに浴びせるような冷たい視線のホタテガイや、冷たいうどんなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに鴨料理屋のメニューにありそうなマイタケがたまらなくソソる。
さっそく、鴨料理屋のメニューにありそうなマイタケをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に歯ざわりのよい、だけどしこしこしたような、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるようなところがたまらない。
おでんは、ぼかぁを心が温まるような寝落ちにしたような気分にしてくれる。
どの面子もアク禁級の口の動きでハフハフしながら、「うまい!さあ、お仕置きの時間だよベイビー。」とか「実に口の中にジュッと広がるような・・・。」「本当に(康一の靴下が裏返し)ええい!やはり気になる。ちゃんと履きなおせ・・・靴も・・・これで落ちつく。」とか絶賛して超ド級のArrayの検索とかしながらみりんをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が560人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
おじも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、YES I AM!」と少し現金な感じに自己催眠したように恐縮していた。
まあ、どれもさっくりしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかおじは・・・
「今度は全部で63260キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

ねんがんのアイスソードを てにいれたぞ!

おでん | 2019/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク