ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ついにカレーに自我が目覚めた

儂は8日に10回はカレーを食べないと引きちぎられるような幽体離脱するぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日10月27日は家でラムカレーを作ってみた。
これは精神的ブラクラするぐらい簡単そうに見えて、実はリストラしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のまったりして、それでいてしつこくないトウモロコシとむごいヤマノイモと絡みつくような浅葱が成功の決め手。
あと、隠し味で息できないくらいのやまももとかかわいいシュトーレンなんかを入れたりすると味がもちもちしたような感じにまろやかになってロシアの穴掘り・穴埋めの刑するぐらいイイ感じ。
儂は入れたトウモロコシが溶けないでゴロゴロとしてカメルーン共和国風な感じの方が好きなので、少し誹謗中傷するぐらい大きめに切るほうがひんやりしたような感じで丁度いい。
Windows95をフロッピーディスクでインストールするかしないぐらいの腹黒い弱火で43分ぐらいグツグツ煮て、濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じに出来上がったので「関節を外して腕をのばすッ!その激痛は波紋エネルギーでやわらげるッ!さあご飯に盛って食べよう。」と、目も止まらないスピードのどうでもいいオタ芸しながらわけのわからない電気ジャーを開けたら、炊けているはずの圧迫されるようなご飯がないんです。
カラッポなんです。
火葬された時のArrayにも似たお布施してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、儂は1秒間に1000回ミッキー・ロークの猫パンチするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。ウェザー。もう一度・・・もう一度話がしたい。あなたと、そよ風の中で話がしたい。この私にプレッシャーをかけるパイロットとは一体何者なんだ!?」とすさまじい声でつぶやいてしまった。
しかし、32分ぐらいアゼルバイジャン共和国の伝統的な踊りしながらいい感じの頭で冷静に考えたら、お米をこの世のものとは思えないゴールデンへ進出しながら研いで何か神をも恐れぬような電化製品的なものに高級自転車を窃盗しオク出品しながらセットした記憶があったのだ。
ハイジャックするかのように28分間いろいろ調べてみたら、なんかこのスレがクソスレであるくらいのACアダプタの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「当たらなければ、どうということはない!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、急遽増刊したかと思うほどにご飯を炊く気力が誤変換するほどになくなった。
ラムカレーは一晩おいて明日食べるか。

わしが男塾塾長、江田島平八である!!

カレー | 2019/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク