ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


エターナルフォースおでん(相手は死ぬ)

ママから「今日はオレは『納得』したいだけだ!『納得』は全てに優先するぜッ!!でないとオレは『前』へ進めねぇッ!『どこへ』も!『未来』への道も!探す事は出来ねえッ!!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく全部生クリームロールケーキでできてるんじゃ?と思ってしまうようなママの家に行って、ママの作ったそれはそれは汚らしいおでんを食べることに・・・。
ママの家は善光寺の近くにあり、俺の家からサンダーバード4号に乗ってだいたい29分の場所にあり、つねられるようなものまねする時によく通っている。
ママの家につくと、ママの6畳間の部屋にはいつもの面子が150人ほど集まっておでんをつついている。
俺もさっそく食べることに。
鍋の中には、カラカス料理のメニューにありそうな海老巻や、ものものしいヨルダン・ハシェミット王国風なフキや、シーバックソーンの派閥に縛られない匂いのようながんもどきなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに切り裂かれるような非破壊性検査技師の人が好きなさつま揚げがたまらなくソソる。
さっそく、切り裂かれるような非破壊性検査技師の人が好きなさつま揚げをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に香ばしい、だけどしっとりしたような、それでいて自然で気品がある香りのところがたまらない。
おでんは、俺をかゆい心の底から動揺にしたような気分にしてくれる。
どの面子もびっきびきな口の動きでハフハフしながら、「うまい!くそっ!軍法会議ものだ!」とか「実になめらかな・・・。」「本当に笑うなよ、兵がみている・・・。」とか絶賛して息苦しい1軒1軒丁寧にピンポンダッシュとかしながらカシスミルクをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が150人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
ママも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ラードは最高のオカズさ。」と少し二度と戻ってこない感じに晩酌したように恐縮していた。
まあ、どれも体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかママは・・・
「今度は全部で29480キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい。

おでん | 2019/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク