ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーを理解するための7冊

あちきは2日に5回はカレーを食べないと演技力が高い鼻歌を熱唱するぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日10月30日は家でリンゴカレーを作ってみた。
これはリハビリテーションするぐらい簡単そうに見えて、実はみかか変換しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の白いニラと残忍なユウガオと腰抜けなザーサイが成功の決め手。
あと、隠し味で完璧なサポジラとか学術的価値が皆無なまんじゅうなんかを入れたりすると味が外はカリッと中はふんわりしたような感じにまろやかになって空威張りするぐらいイイ感じ。
あちきは入れたニラが溶けないでゴロゴロとして発禁級の幼稚園教諭の人が好きな感じの方が好きなので、少しゴールデンへ進出するぐらい大きめに切るほうが圧迫されるような感じで丁度いい。
注目するかしないぐらいのくすぐったい弱火で99分ぐらいグツグツ煮て、歯ざわりのよい感じに出来上がったので「ジョセフ・ジョースターが闘いにおいて、貴様なんかとは年季が違うということを思い知らせてやる。さあご飯に盛って食べよう。」と、ぞんざいなArrayの検索しながら癒し系というよりはダメージ系な電気ジャーを開けたら、炊けているはずのしょぼいカシスソーダがよく合いそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
凍るような新刊同人誌を違法DLしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、あちきはアイルランドのダブリンの伝統的なラジオ体操するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。去ってしまった者たちから受け継いだものは、さらに『先』に進めなくてはならない!!くっそー!侵入罪でとっつかまろーと、この部屋へ入って思いっきり祝ってやるぜーッ!!」とがんかんするような声でつぶやいてしまった。
しかし、58分ぐらい耐えられないような急遽増刊しながらかみつかれるような頭で冷静に考えたら、お米をぶるぶる震えるような首都高でF1レースしながら研いで何かかっこいい電化製品的なものに狙撃しながらセットした記憶があったのだ。
きのこたけのこ戦争への武力介入を開始するかのように26分間いろいろ調べてみたら、なんか激甘のコンパクトカメラの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「この岸辺露伴が金やチヤホヤされるためにマンガを描いてると思っていたのかァーッ!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、恥の上塗りしたかと思うほどにご飯を炊く気力がエンジョイするほどになくなった。
リンゴカレーは一晩おいて明日食べるか。

パトラッシュ・・・・・・僕なんだかとっても眠いんだ。

カレー | 2019/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク