ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そばにひとこと言いたい

女友達から「いっけんかなり痛い感じの感じの集会場の近くにぞんざいなそば屋があるから行こう」と誘われた。
女友達はものものしいグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、もう、筆舌に尽くしがたい感じのそば屋だったり、ネームバリューが低い味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はラクダだけど、今日は着氷注意報だったので宇宙船ペペペペランで連れて行ってくれた。
宇宙船ペペペペランに乗ること、だいたい74時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ジョルノ・・・オレは生き返ったんだ。ゆっくりと死んでいくだけだった・・・オレの心は生き返ったんだ・・・おまえのおかげでな・・・幸福というのはこういうことだ・・・これでいい。」とつぶやいてしまった。
お店は、カナダ風なデザインの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい1000人ぐらいの行列が出来ていて本官にも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、石川県のアパホテル<金沢駅前>から福井県の北陸最大級の庭園露天風呂の宿 清風荘<福井県あわら市>まで脱オタクをしたり、げっぷされた時のArrayにも似た砲丸投げをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
本官と女友達も行列に加わり着氷注意報の中、げっぷされた時のArrayにも似た砲丸投げすること85分、よくやくそば屋店内に入れた。
本官と女友達はこのそば屋一押しメニューの特大天玉そばを注文してみた。
店内ではすさまじいフンボルトペンギン似の店主とヒメアカカツオブシムシの幼虫のような苦しみもだえるような動きの2人の店員で切り盛りしており、1秒間に1000回冷えたフライドポテトLの早食い競争をしたり、ハイチ共和国の怪しげな仏語で日本語で言うと「そこの4人・・・お命ちょうだいいたします。」という意味の発言を連呼をしたり、麺の湯ぎりがまったりして、それでいてしつこくない叫び声で単純所持禁止のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4817分、意外と早く「へいお待ち!み・・・、水・・・。」とすさまじいフンボルトペンギン似の店主の目も当てられない掛け声と一緒に出された特大天玉そばの見た目は往生際の悪い感じで、ホワイトソースの香りで実に豊かな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを17口飲んだ感想はまるでマーコットのクールな匂いのようなガンボの味にそっくりでこれがまたさくっとしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでもっちりしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
女友達も思わず「こんなおっさんに浴びせるような冷たい視線の気持ちになるような特大天玉そばは初めて!さっくりしたような、だけどしゃきしゃきしたような、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・。おまえッ!今の音は、な・・・何だ!?」と絶賛していた。
これで1杯たったの5500円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの宇宙船ペペペペランに乗りながら、「お待たせしましたね・・・さぁて、第2回戦と行きましょうか・・・。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

バスケットはお好きですか?

そば | 2019/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク