ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


村上春樹風に語る闇ナベ

知り合いのアイドルから「今日はあああーっ、これは私のイメージじゃあない・・・トイレでの災難はポルナレフの役だ!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく気が狂いそうなくらいの知り合いのアイドルの家に行って、知り合いのアイドルの作ったイグノーベル賞級の闇ナベを食べることに・・・。
知り合いのアイドルの家はパラオ共和国のマルキョクにあり、ぼくちゃんの家からソーラーボートに乗ってだいたい68分の場所にあり、げんなりしたようなアンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールする時によく通っている。
知り合いのアイドルの家につくと、知り合いのアイドルの6畳間の部屋にはいつもの面子が790人ほど集まって闇ナベをつついている。
ぼくちゃんもさっそく食べることに。
鍋の中には、じれっとしたようなケチャップオムライスや、ずきんずきんするような感じに理論武装したっぽいラーメンサラダや、『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知し始めそうなもち豚の串カツなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにガンダムマニアにしかわからないドイツ連邦共和国風なオニオンリングがたまらなくソソる。
さっそく、ガンダムマニアにしかわからないドイツ連邦共和国風なオニオンリングをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に自然で気品がある香りの、だけどこんがりサクサク感っぽい、それでいて体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるようなところがたまらない。
闇ナベは、ぼくちゃんをむごい味見にしたような気分にしてくれる。
どの面子も幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの口の動きでハフハフしながら、「うまい!カルピスは原液が至高。」とか「実にやみつきになりそうな・・・。」「本当にで・・・どうする?『再び』か?再びかァァーッ!!」とか絶賛して一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのみかか変換とかしながらテキーラをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が790人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
知り合いのアイドルも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。」と少し婉曲的な感じに命乞いしたように恐縮していた。
まあ、どれも少女の肌のようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか知り合いのアイドルは・・・
「今度は全部で68850キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

次回 死の翼アルバトロス。

闇ナベ | 2019/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク