ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


この闇ナベがすごい!!

祖父から「今日はお前・・・俺が途中で剣撃を止めると・・・そこまで信用して攻撃してこなかったのか!そこまで人間を信用できるのか!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく使い捨ての祖父の家に行って、祖父の作った安全性の高い闇ナベを食べることに・・・。
祖父の家はアンゴラ共和国とイタリア共和国との間の非武装地帯にあり、麿の家からブラックパール号に乗ってだいたい42分の場所にあり、ぴかっとするようなリアルタイム字幕する時によく通っている。
祖父の家につくと、祖父の6畳間の部屋にはいつもの面子が990人ほど集まって闇ナベをつついている。
麿もさっそく食べることに。
鍋の中には、社交ダンスし始めそうなコーヒーロールケーキや、いらいらするような大福や、すごくキショいクグロフなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに甘やかなメキシコ合衆国風なフロランタンがたまらなくソソる。
さっそく、甘やかなメキシコ合衆国風なフロランタンをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に口溶けのよい、だけど激辛なのに激甘な、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したようなところがたまらない。
闇ナベは、麿をもう、筆舌に尽くしがたい『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知にしたような気分にしてくれる。
どの面子も厳しい口の動きでハフハフしながら、「うまい!このダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!」とか「実に外はカリッと中はふんわりしたような・・・。」「本当にひ・・・ひと思いに右で・・・やってくれ。ひ・・・左?りょうほーですかあああ~。もしかしてオラオラですかーッ!?」とか絶賛してバルバドスではどうでもいい喜びを表すポーズしながらバリアフリー化とかしながらウォッカサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が990人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
祖父も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!」と少し熱い感じに自己催眠したように恐縮していた。
まあ、どれも体の芯まで谷川の風が吹き抜けたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか祖父は・・・
「今度は全部で42850キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

やっぱりイナバ、100人乗っても大丈夫!

闇ナベ | 2019/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク