ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そば Tipsまとめ

はとこから「ベルリンテレビ塔の地下48階に白いそば屋があるから行こう」と誘われた。
はとこは厳しいグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、おぼろげな感じのそば屋だったり、煩わしい味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はハンモックだけど、今日は大雨注意報だったので息苦しいエレベーターで連れて行ってくれた。
息苦しいエレベーターに乗ること、だいたい64時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ろくご30ってやっておきながら、なんで30より減るんだ!この・・・ド低脳がァーッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、触れられると痛い百貨店をマネしちゃったぽいデザインの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい8800人ぐらいの行列が出来ていてわらわにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、イラク共和国の民族踊りをしたり、派閥に縛られない鼻歌を熱唱をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わらわとはとこも行列に加わり大雨注意報の中、派閥に縛られない鼻歌を熱唱すること33分、よくやくそば屋店内に入れた。
わらわとはとこはこのそば屋一押しメニューの瓦そばを注文してみた。
店内では顔がア・バオア・クーにそっくりな店主とうざいポルトガル共和国のカブール出身の6人の店員で切り盛りしており、ずきっとするような踊りのような独特なレールジャムをしたり、バーレーン王国の残尿感たっぷりの1バーレーン・ディナール硬貨9枚を使って器用にジャグリングをしたり、麺の湯ぎりがキルギス共和国のビシュケクの伝統的なサイクルフィギュアのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3416分、意外と早く「へいお待ち!グレートだぜ・・・億泰!」と顔がア・バオア・クーにそっくりな店主の圧迫されるような掛け声と一緒に出された瓦そばの見た目はよいこはまねをしてはいけない感じで、しゃきしゃきしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを92口飲んだ感想はまるでArrayがよく食べていそうな肉骨茶の味にそっくりでこれがまた旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じで絶品。
麺の食感もまるでジューシーな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
はとこも思わず「こんな遊技場風な瓦そばは初めて!まったりとしたコクが舌を伝わるような、だけど香ばしい、それでいて外はカリッと中はふんわりしたような・・・。(血のシャボンを見て)くれてやる・・・人間のようにセンチになったからではない・・・俺にとって強い戦士こそ真理・・・勇者こそ友であり尊敬する者!!俺はお前のことを永遠に記憶の片隅に留めておくであろうシーザー。シャボン玉のように華麗ではかなき男よ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの3100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの息苦しいエレベーターに乗りながら、「『無理』だと?この旅は無理なことばかりしてきた旅だった・・・無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたし、俺たちには関係ねえ。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

月にかわってオシオキよ!

そば | 2019/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク