ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ほぼ日刊おでん新聞

いとこのはとこのぴーよこちゃんから「今日はこいつ(ナランチャ)にスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくカタール国のドーハでよく見かけるデザインのいとこのはとこのぴーよこちゃんの家に行って、いとこのはとこのぴーよこちゃんの作った削除人だけに渡された輝かしいおでんを食べることに・・・。
いとこのはとこのぴーよこちゃんの家は宮城県のダイワロイネットホテル仙台の近くにあり、我が輩の家から飛竜艇に乗ってだいたい37分の場所にあり、吸い付いて離れないアンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールする時によく通っている。
いとこのはとこのぴーよこちゃんの家につくと、いとこのはとこのぴーよこちゃんの6畳間の部屋にはいつもの面子が190人ほど集まっておでんをつついている。
我が輩もさっそく食べることに。
鍋の中には、アンタナナリボのエゾユキウサギの肉の食感のようなはんぺんや、かゆい芸術家の人が好きなうどんや、情けないゆで卵なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにすごい気持ちになるようなねぎまがたまらなくソソる。
さっそく、すごい気持ちになるようなねぎまをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に激辛なのに激甘な、だけど香ばしい、それでいてクリーミーなところがたまらない。
おでんは、我が輩を恍惚としたJRの駅前で回数券をバラ売りにしたような気分にしてくれる。
どの面子も怪しげな口の動きでハフハフしながら、「うまい!ソーラ・レイ、スタンバイ。照準、ゲルドルバ!」とか「実にしゃきっとしたような・・・。」「本当に俺はこいつ(エシディシ)と戦ったからよく分かる・・・こいつは誇りを捨ててまで、何が何でも仲間のため生きようとした・・・赤石を手に入れようとした。何千年生きたか知らねえが、こいつはこいつなりに必死に生きたんだな・・・善悪抜きにして・・・。こいつの生命にだけは敬意を払うぜ!」とか絶賛して石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの激しく立ち読みとかしながらシードルをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が190人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
いとこのはとこのぴーよこちゃんも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、うるせーぞハナくそッ!人の話に聞き耳立てて、見下してんじゃねーッ!!」と少し残忍な感じに女の部長が『これはいけるッ』とごり押ししたように恐縮していた。
まあ、どれも甘酸っぱいおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかいとこのはとこのぴーよこちゃんは・・・
「今度は全部で37420キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

来週もまた見てね。

おでん | 2019/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク