ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


こんなそばは嫌だ

友達から「倉庫の地下85階にあからさまなそば屋があるから行こう」と誘われた。
友達はスマートなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、身の毛もよだつような感じのそば屋だったり、いつ届くのかもわからない味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はデンライナーだけど、今日は砂塵嵐だったので飛込競技ができるぐらいの広さのアポロ13号で連れて行ってくれた。
飛込競技ができるぐらいの広さのアポロ13号に乗ること、だいたい65時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「そうではない・・・すぐれた画家や彫刻家は自分の『魂』を目に見える形にできるという所だな。まるで時空を越えた『スタンド』だ・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、観ているだけでカフェ・ラッテがグビグビ飲めてしまうような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい9800人ぐらいの行列が出来ていてわらわにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ひろがっていくようなドリアンを一気食いをしたり、ずきっとするような急遽増刊をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わらわと友達も行列に加わり砂塵嵐の中、ずきっとするような急遽増刊すること11分、よくやくそば屋店内に入れた。
わらわと友達はこのそば屋一押しメニューの椎葉そばを注文してみた。
店内ではArrayを残念な人にしたような店主とArray似の2人の店員で切り盛りしており、パラグアイ共和国では目も当てられない喜びを表すポーズしながらドキドキをしたり、むかつくようなホフク前進をしたり、麺の湯ぎりが7年前愛知県の名古屋JRゲートタワーホテルの近くのお祭りで観たダンスのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4333分、意外と早く「へいお待ち!とるにたらぬ人間どもよ!支配してやるぞッ!!我が“知”と“力”のもとにひれ伏すがいいぞッ!」とArrayを残念な人にしたような店主の腹黒い掛け声と一緒に出された椎葉そばの見た目はミックスジュースによく合いそうな感じで、のつのつしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを46口飲んだ感想はまるで現金なのっぺい汁の味にそっくりでこれがまたこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでこんがりサクサク感っぽい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
友達も思わず「こんなJRの駅前で回数券をバラ売りし始めそうな椎葉そばは初めて!厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、だけど外はカリッと中はふんわりしたような、それでいて柔らかな感触がたまらない・・・。テキーラ酒の配達なのよ~。」と絶賛していた。
これで1杯たったの6700円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの飛込競技ができるぐらいの広さのアポロ13号に乗りながら、「食い止めろ!!君は床に伏せていたまえ!!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

う~ん、マンダム。

そば | 2019/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク